SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

鈴木秀明のSTRUGGLE blog 〜ムエタイ&キックボクシング

東京都墨田区 押上にムエタイ&キックボクシングジム ストラッグルを2006年5月15日にオープンしました。
☆ホームページ https://www.struggle06.com

キックボクシングを基本から楽しく学べます。
体力に自信のない方や女性、中高年の方も大歓迎です。

水曜20:00〜21:00はキックボクシング初心者クラス
木曜20:15〜20:45はテクニッククラス を開催!
キックボクシング初回1,000円体験も随時受付中です。

最寄り駅は 押上駅、錦糸町駅、とうきょうスカイツリー駅。
見学はお気軽にどうぞ!お待ちしています。

STRUGGLE 代表 鈴木秀明
<< マレーシアでONEチャンピオンシップを観てきました | main | 充電したっ! >>
飛行機出発35分前!!!
image1.jpeg
写真はマレーシア、クアラルンプール空港のフードコートのエビソバ。
食べてる時はこの後、大変な事態になるとは全く想像だにしてませんでした。


14時15分発の飛行機で帰国予定。

2時間前に空港に着くとして、初めてのクアラルンプールだったのでホテルを早めに出て駅へ行って電車でバスの出てる大きな駅へ移動。

空港へのバス乗り場を確認して、乗る予定時間まで近くでご飯を食べようと探すも日本にあるようなキレイなチェーン店ばかり。
諦めてコーヒーだけ買ってバスに乗って空港へ。

結構早めに空港に着いたのでお土産を買ったり、フードコートでローカルフードのエビの汁少し麺的なのをのんびり食べる。

・この時点で出発1時間30分前くらい。

食べ終わり、チェックインに行くも全然場所が分からない。
係員の人に出発の案内画面に表記されたH7とかのチェックインカウンターを聞くとあっちだと説明を受け、そちらへ行くもその表記は見付からず。

今度は近くの係員に聞くと自動カウンターでやれと列を指差されたので、そこに並んで順番待ちしてからやろうとするも必要な書類が違う…。

困ってさっきの係員にもう一度聞くとこっちのカウンターで良いよと言われ並ぶ。
15分ほど並び、自分の番になるも予約が入ってない…。
ここはエアアジア専用のチェックインカウンターと言われ、自分の飛行機はターミナル1でここはターミナル2との答え。

あれっ?
クアラルンプール国際空港って2つターミナルあるの?


焦ってターミナル移動の電車を探すも全然見つからない。

・この時点で出発1時間前。

聞いたらバスがあるとのことでバス乗り場を探しまくる。
空港に全然聞けるような係員が配置されてない。
清掃員っぽいおじさんに聞いて乗り場を教えてもらう。
バスは停車してない。
待ってもなかなか来ない。

ようやくバスが来てすぐさま乗り込む。
でも、まぁバスって直ぐに発車しないですよね。
この時間が果てしなく長く感じる(涙)

ようやく走り出したけど、なかなか空港っぽいのが見えない。

しかも、途中の駐車場みたいな停留所でバスは止まり、前にあるバスに乗換えることに。

速攻でそのバスに乗り換える。
でも、やっぱりバスは直ぐに発車しない…。
・この時点で飛行機出発45分前くらい。
聞いたらここから空港まで10分との答え。

荷物を預けたり、出国審査、手荷物検査などなどの時間を考えると間に合わない。
確実に終わったと思いました。
日本に、ごめんなさいたぶん飛行機に乗れませんと痛恨のLINEを入れる。


終わったなぁ、ついにやっちゃったなぁ、手持ちの現地のお金も少ないし、どうしようかなぁと、次の飛行機に代えてもらうとか、新しいチケットを買い直すとかやるべきことに頭が回らない…。

ダメ元でやれることをやろうと、ターミナル1に着く前から荷物を早く降ろして走れるように位置取りをして、着いてドアが開いた瞬間にダッシュ!

チェックインカウンター目掛けて走った。
エスカレーターをガタンガタンと荷物を持ち上げて上がった。
途中で案内板を間違えて違う方向へ行ってしまうもダッシュで修正。

走って、並んでる列にいた係員に伝えるとあっちのファイナルチェックインカウンターに行けと言われ、人を掻き分けてそっちの方向へ。
走ってる自分を見てハネダーッ?(羽田空港へ行く便)と声がしたのでそのまま駆けつける。

ちょうどそこには同じくターミナルを間違えたという日本人女性2名が謝りながら交渉していた。
そこにもう1人日本人が走って現れたことで、空港職員も諦めて対応してくれた。


とりあえず預け荷物はもう終了していたので、空港職員同行で別の場所に一緒に持って行って中をチェックし、そのまま預かっていただき、今度は急いで出国審査へ。

出国検査後は違う空港職員が迎えに来てくれて手荷物&ボディチェック、そして搭乗ゲートまで連れて行ってもらい飛行機へ(汗)

乗り込む時に「自分が最後?」って聞いたらイエスって言ってた。

何とか予定通りの飛行機に乗って帰国することができました。


実は出発でも、ギリギリにパスポートの期限に気付いて危なかったんです。

いや、もう今回は本当にギリギリ。

こんなギリギリなのは自分のせいなんですけどね。
こんな綱渡り旅行はダメだーっ。


明日から休養&色々と学んだ部分を活かしてよりジムを盛り上げていきますっ!
| 旅行 | 02:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.struggle06.com/trackback/1203792