SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

鈴木秀明のSTRUGGLE blog 〜ムエタイ&キックボクシング

東京都墨田区 押上にムエタイ&キックボクシングジム ストラッグルを2006年5月15日にオープンしました。

キックボクシングを基本から楽しく学べます。
体力に自信のない方や女性、中高年の方も大歓迎です。

・キックボクシング初心者クラス 水曜20:00〜21:00
・テクニッククラス 木曜20:15〜20:45
・筋トレクラス 不定期開催

キックボクシング初回1,000円体験も随時受付中です。

最寄り駅は 押上駅、錦糸町駅、とうきょうスカイツリー駅。
見学はお気軽にどうぞ!お待ちしています。

STRUGGLE 代表 鈴木秀明

◇ ホームページ https://www.struggle06.com ◇
<< カーフキックってどんなもんなの? | main | 新しい会員さんも安心して楽しめるように >>
6・30 K-1観戦

JUGEMテーマ:スポーツ

 

ジム終了後に両国国技館へK-1 WORLD GP 2019 JAPANを観に行きました。

 

ちょうど着いたら休憩時間でした。
観戦できたのはスーパーバンタム級トーナメントの準決勝から。



K-1スーパーバンタム級トーナメント準決勝
玖村将史VSサンベル・ババヤン
1R、身長の低いババヤン選手に玖村弟選手がボディを効かせて跳び膝蹴りでダウンを奪い、その後もババヤン選手に上手く攻撃を当てて完勝し、決勝進出。

玖村選手が冷静に圧倒してましたね。


K-1スーパーバンタム級トーナメント準決勝
武居由樹VS玖村修平
武居選手の飛び込むスピードとパンチのハンドスピードが桁違い。
対する玖村兄選手は前試合で顔が腫れててダメージはあったと思いますが、武居選手が1Rにパンチでダウンを奪い、その後にすぐもう一度倒してKO勝利し、決勝へ。

その後の決勝も武居選手が優勝すると会場全体に知らしめるような内容でした。



K-1スーパーバンタム級トーナメント決勝戦
武井由樹VS玖村将史
1R、飛び込みの右アッパーからの左ストレートを決めて武居選手がダウンを奪う。
その後、武居選手のパンチと交差した玖村弟選手がバランスを崩し倒れかける瞬間に追撃していた武居選手の蹴りが顔に直撃し、玖村弟選手はそのままリングに弾むように倒れ、レフェリーは直ぐに試合を止め武居選手が完璧な内容でトーナメント優勝。


いやぁ、武居選手凄すぎる。

現在のK-1で闘う同階級の選手の中でも完全に突出してますね。
難しいだろうけどRISEチャンピオンの鈴木真彦選手との試合が見てみたい。


K-1スーパーライト級タイトルマッチ
王者 ゲーオ・ウィラサクレックVS挑戦者 安保瑠輝也
安保選手は左右構えを変えるなどして攻めようとするも、ゲーオ選手は距離を支配して所々でパンチをヒットさせるなどして試合をコントロール。

本戦はゲーオ選手かと思いましたが、ゲーオ選手の1-0で引き分け延長。
延長は有効打ではゲーオ選手、攻勢は安保選手。
ゲーオ選手は組みつきで減点1。
延長判定は減点もあり10-8で安保選手が勝利し、新チャンピオンに。
しかし、会場は拍手もまばらで少し寂しい感じ。

うーん。
難しい試合ですね。
かなり試合しているゲーオ選手でさえ延長で組んでしまうというK-1ルールの難しさが出てしまいましたね。


村越優汰VSフォー・シャオロン
接戦で苦しむ展開でしたが、3R村越選手が何度かアタックしてヒット数を稼ぎ判定勝ち。
もう少し村越選手の攻撃のバリエーションが見たかったかなぁ。


木村フィリップミノルVSクルーズ・ブリックス
クルーズ選手のダッキングを予測した右ストレートをクリーンヒットさせて木村選手がワンパンKO!
木村選手のパンチの重さというか威力が半端ない。


佐々木大蔵VS不可思
アグレッシブに攻めていく不可思選手とやや後手に回る佐々木選手の1R。
2R、不可思選手の攻撃の出鼻にジャブを当てて距離を支配し、攻撃を当てていく佐々木選手。
3R、さらにアグレッシブに攻めていく不可思選手に対してカウンターの右クロスを何度も打つ佐々木選手。
佐々木選手のバックブローの前腕付近がヒット、さらにその後頭が当たる。
不可思選手の目尻がカットし、ドクターチェック後に再開。
不可思選手の必死の攻めに会場は盛り上がるも出血は止まらず、ドクターストップで佐々木選手が3R TKO勝利。

不可思選手は会場を盛り上げるも悔しいスタートとなりましたが、これからを期待される内容だったと思います。



西京春馬VSホルヘ・バレラ
西京選手がカウンターのパンチで1Rにダウンを奪い、3R最後は跳び膝で倒して3R TKO勝利。

西京選手は感覚が鋭く、驚くようなKOができる選手なのですが、攻め込むべきところで見てしまう冷静さもありそれがなんか見てて歯がゆい時もあるんですよね(笑)



久し振りにK-1を会場で観戦。
ご一緒させていただいた元週刊プロレス編集長ターザン山本さんの見方や考え方が面白く、色々ためになりました。



それにしても武居由樹選手、木村フィリップミノル選手のKOは凄かった。

個人的なMVPはもちろん武居選手。
ベストバウトはラウンド毎にストーリーのあった佐々木大蔵VS不可思。

| キックボクシング | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.struggle06.com/trackback/1203775