SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

鈴木秀明のSTRUGGLE blog 〜ムエタイ&キックボクシング

東京都墨田区 押上にムエタイ&キックボクシングジム ストラッグルを2006年5月15日にオープンしました。

キックボクシングを基本から楽しく学べます。
体力に自信のない方や女性、中高年の方も大歓迎です。

・キックボクシング初心者クラス 水曜20:00〜21:00
・テクニッククラス 木曜20:15〜20:45
・筋トレクラス 不定期開催

キックボクシング初回1,000円体験も随時受付中です。

最寄り駅は 押上駅、錦糸町駅、とうきょうスカイツリー駅。
見学はお気軽にどうぞ!お待ちしています。

STRUGGLE 代表 鈴木秀明

◇ ホームページ https://www.struggle06.com ◇
<< 松崎Tシャツ新カラー、老沼REBELSタオル | main | 映画 カメラを止めるな! >>
12・9 KNOCK OUT観戦

image1.jpeg
ジム後12月9日(日)KNOCK OUT観戦へ両国国技館へ。

結構遅くなり着いてドアを開けようとしたらちょうどチャンヒョン・リーVS町田光が終わったところでした。
観たかった試合だったから残念。

メインイベントはフライ級トーナメント決勝戦!
石井一成VS大崎一貴
開始からハイレベルなスピードの速い攻防が続きました。
1R、互いが様子を見ながら狙う展開も互いに隙を与えず。

2R、大崎選手の右ストレートがヒットしやや大崎選手優勢。

3R、前に出てくる大崎選手に対して動きながら、所々で速い攻撃に変化をつけて飛び込み石井選手がポイントを取る。

4R、下がりながら距離を作って大崎選手のパンチのとっかかりを作らせない石井選手、下がりながらパンチ、大崎選手止まったところに飛び膝などで印象が良い。

5R、最後まで果敢に攻める大崎選手と迎え撃ちながら速い攻撃を繰り出す石井選手。
試合は白熱したまま終了し、僅差の2−0で石井選手が判定勝利。

石井選手が大崎選手の攻撃パターンをさせなかったですね。
上手かった。


セミファイナル 不可思VS山口佑馬
1、2R、当て勘の良いパンチを時折当てていく山口選手に対してジリジリと攻めて組み立てていく不可思選手。

3R、打ち合いの中、山口選手の肘で不可思選手の額と眼の下が腫れ上がる。

4R、前に出てジャブとローキックを中心に何度か当ててこのRは不可思選手優勢か?

5R、山口選手のパンチをもらう場面もありましたが、不可思選手は前に出て追い込み膝を当てるなどを繰り返して試合終了。
判定は僅差の2−0で不可思選手が判定勝利。

なんとか勝利したものの顔は敗者のように腫れ上がった不可思選手。
チャンピオンとしての意地を感じました。


水落洋祐VS海人
長身から綺麗な構えで左右どちらも長い手足から鋭い攻撃が出せる海人選手。
飛び膝からの右肘でカットに成功。

2R、水落選手がパンチで飛び込むところに右のカウンターを決める海人選手、これは上手い!

3R、冷静に攻撃を当てていく海人選手に必死にパンチを振るっていく水落選手、再度のドクターチェック後にはさらに激しい打ち合いに。
水落選手もパンチを何発か当てるものの海人選手はシャープな攻撃をヒットさせていき、跳び二段膝蹴りでダウンを奪い、立ち上がるも出血がひどくレフェリーが試合を止め、海人選手が3RTKO勝利!

海人選手の試合を初めて生で見ましたが手足の長さと長身を上手く使い、頭も良いしスピードもあるし良い選手ですねー。

 


小笠原瑛作VS高橋亮
1R、小笠原選手の体が流れたところに高橋選手の右ハイキックがヒットしダウン。

2R以降、逆転を狙う小笠原選手は無理にパンチを狙わず、前回の対戦同様左ローキックを当ててダメージを与える作戦に変えたのか?振りの大きなパンチを減らしてローキックに的を絞り確実にダメージを与えていきます。
パンチと組み膝も上手く使い高橋選手に良い場面を作らせず。

5R、ローキックのダメージで踏ん張りの効かない高橋選手にローキック、パンチ、ハイキックを決めて独壇場にし、そこからローキックでダウンを奪い完全に逆転し小笠原選手が判定勝利!

1R以降冷静に確実に闘って勝利した小笠原選手、試合コントロールも上手くなってきてますね。


駿太VS村田裕俊
1R、左ミドルキックと左ストレートで攻める村田選手と前に出てパンチと肘を打っていく駿太選手。

2R以降、得意な攻撃に加え肘打ちを互いが打ちまくる展開。
綺麗に当てるのは村田選手でしたが、当てる数は駿太選手。
パンチと肘を混ぜて攻めた駿太選手が村田選手を肘でカットしてドクターストップで5RTKO勝利!

駿太選手の執念が引き寄せた勝利ですね。


今回は両国国技館の上の方まで満席とはいかなかったですが、かなり入っていたので確実にファンを掴んできてますねー。
来年も大きな会場の興行が続きますし、このまま盛り上がって欲しいですね。

| キックボクシング | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.struggle06.com/trackback/1203600