SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

鈴木秀明のSTRUGGLE blog 〜ムエタイ&キックボクシング

東京都墨田区 押上にムエタイ&キックボクシングジム ストラッグルを2006年5月15日にオープンしました。

キックボクシングを基本から楽しく学べます。
体力に自信のない方や女性、中高年の方も大歓迎です。

水曜20:00〜21:00はキックボクシング初心者クラス
木曜20:15〜20:45はテクニッククラス を開催!
キックボクシング初回1,000円体験も随時受付中です。

最寄り駅は 押上駅、錦糸町駅、とうきょうスカイツリー駅。
見学はお気軽にどうぞ!お待ちしています。

STRUGGLE 代表 鈴木秀明

オープン当初からジムに飾ってあるリポビタンD

JUGEMテーマ:グルメ

 

最近土曜日にも指導に入ってくれているエー先生。

自分も毎回マイペース過ぎて振り回されております(笑)

そんなエー先生、練習スペースと更衣室との間にジムのオープン当初から飾ってあるタイのリポビタンDを飲みたいようで持ってきて「これはいつ作ったもの?まだ飲めるのか?」と聞いてきました。

瓶に表示してある製造日はどうやら2005年の12月。
もう12年近く前のものですね。
もちろん賞味期限切れ。


「でも、お酒なら大丈夫だ」と言い出して瓶を開けて臭いを嗅ぎだして一言「これは違う臭いがする」
自分も匂いを嗅いでみたらなんか違うような、同じような…。

今度は瓶の蓋をおちょこのようにしてそこに入れて色を確認。
完全に色が違いましたね(笑)

さすがにあきらめてました。

この色はちょっと違いますね(笑)

| タイ人トレーナー | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ユッタナー先生からタイのお土産

JUGEMテーマ:スポーツ

 

不定期、本当は定期的…に日曜の指導に来てくれるユッタナー先生からタイのお土産をいただきました。

タイのPKセンチャイムエタイジムのオーナーと仲が良いらしく、いただいたらしいPKセンチャイムエタイジムの有名選手達の写真がプリントされたTシャツ。
裏には有名なお坊さんの写真もプリントされています。



ちなみにジムに来た時にユッタナー先生本人が着ていて、自分が「PKセンチャイムエタイジムのTシャツだねー、良いねーっ」て言いました。
帰るときにシャワーを浴びて、新しいシャツに着替えて「あのーこれタイのお土産です」ってくれました…。

良いねって言ったのを覚えていて、くれたんだと思いますが、なかなか日本人には、いやタイ人にもあまりない感覚の持ち主ユッタナー先生(笑)

でも、気持ちは優しい!

| タイ人トレーナー | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
パヤックレック先生(ター先生)がやってきたヤァヤァヤァ!
image1.JPG
先月末、突然パヤックレック先生(ニックネーム、ター先生)から連絡がきました。

ター先生「来月から少し東京に行くけど仕事ある?」
自分「火曜と土曜でできる?」

その後、数日連絡が無し…。

そして、昨日の夜
ター先生「明日行きます。何時?」

そして今日。
ター先生がやってきたヤァヤァヤァ

※ビートルズがやってくるヤァヤァヤァ、原題はA HARD DAY'S NIGHT風に読んでください。

相変わらずの指導力。

そして日本語ペラペラで凄まじいコミニュケーション能力。

ター先生ワールド全開でした。

そんな指導力の高いター先生は火曜日と土曜日に指導に入る予定です。

いつまでいるかは分かりません(笑)

皆さんよろしくお願い致します。
| タイ人トレーナー | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この夏はパヤックレック(ター先生)が来てくれる!

JUGEMテーマ:スポーツ

 

以前にタイ人トレーナーの急な帰国の時に手伝いに来てくれていたパヤックレック先生(ター先生)がこの夏、週2回位指導に来てくれます。


現在大阪に住んでいるパヤックレック先生ですが、何故か夏は東京に居るらしく、その間ストラッグルにも指導に来てくれることになりました。

パヤックレック先生は元ラジャダムナン・スタジアムチャンピオンで、日本でも数戦して武田幸三さんに判定勝ちなどの実績あり。
さらには指導者としてもたくさんのチャンピオンクラスの選手を教えています。

ミットを持つのもすごく上手いし、日本語も出来るし、すごい先生なんです。

いつものスタッフに加えパヤックレック先生も指導に来てくれるので、この夏のストラッグルはさらに熱いっ!
選手クラスはこの機会にどんどん吸収しましょう!


みなさんの練習をお待ちしてまーす!

| タイ人トレーナー | 19:02 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
ヨー先生から貰ったーっ!
ストラッグルで2年間トレーナーをしてくれたヨー先生(現在はタイのチェンマイでトレーナーをしてます)からTシャツをいただきました!


チェンマイに遊びに行った会員さんから受けとりました。

ヨー先生は元気にやってるようです!
そして、最近結婚したみたい。

おめでとう、そしてありがとうヨー先生!
| タイ人トレーナー | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ウー先生とパンくん 天国と地獄篇 エピローグ
JUGEMテーマ:スポーツ

日本に帰国し普通の生活に戻っていて、ふと気になるのは帰りの飛行機で寂しそうに小さくなっていたというウーさん。
ホームシックになって落ち込んでいないかと心配になりました。

ジムが休みの月曜日、ちょうど吉祥寺に行く予定があったのでウーさんを励ますためにクロスポイント吉祥寺に寄ってみました。

ちょうどウーさんは不在。
受付にあるソファーに座って少し待っていたらウーさんが入ってきました。

ウーさん「あれ、どうしたの?」
自分「ウーさんに会いに来たんだよ」
ウーさん「えっ、それは嬉しいなー♪」
少し嬉しそうなウーさん。

そして、楽しそうに受付の女性に絡んでいき、上手くあしらわれ戻ってくるウーさん(笑)

全然落ち込んでないじゃん(笑)


しかし、急にトーンが落ちて話しはじめました。
故郷のこととかの話を始めるのかと思ったら
ウーさん「携帯が壊れてしまって・・・連絡できなくて。山口会長が新しいのを買ってくれると言ってるんだけど・・・」

話を聞くとどうやらトイレに入っているときに電話がかかってきて、慌てて出ようと思ったら滑って便器に落としてしまったそう・・・。

携帯を見てみるとまだ濡れていたので、話しながら携帯のバッテリーやSIMカードを外して自分のズボンで拭きました。
※トイレに落としたのかー、ちょっと嫌だなーと思いながら・・・。


拭いてから電源を入れ直したら復活!

それを見たウーさんは目をぱちくりして、ハイテンションに喜んでました。

まだ濡れているからドライヤーで乾かした方が良いと言ったら「こっちこっち」と洗面台に連れていき、鏡の前でドライヤーを使っていたBigbangライト級チャンピオンの不可思選手から取り上げるウーさん。
それを使って乾かして携帯は完全復活!

その時ジムにいたクロスポイント吉祥寺のプロ選手全員に携帯を見せて回るウーさん。

ウーさんも完全復活(笑)!

この分なら問題ないでしょうね(笑)


そして、その2日後にパンくんがストラッグルまで借していたお金を持って来てくれました。
これで中向のファイトマネーも無事払い終えました。

そんなパンくん、現地の週刊ムエタイ雑誌『ムエサイアム』に写真付きで掲載されてました!
パンユンソン、プーピィチット ナックムエタイ(ムエタイ選手勝利人 的な感じですかね)。


私たちだけでなく、パンくんはタイの人々の心にも残ったようですね!


最後に教訓を二つ!
外国では日本以上にお金など貴重品の管理には気を付けましょう!
ちなみに以前、松崎はバンコクのスクンヴィット(外国人も多く、人通りの多いストリート)でスマートフォンをすられました。

そして、タイ人はタイに帰ると異常なハイテンションになる。
これも気を付けましょう(笑)

貴重品の管理とハイテンションのタイ人トレーナーには気を付けてニャー。

 
| タイ人トレーナー | 19:36 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
ウー先生とパンくん 天国と地獄篇 第4話
JUGEMテーマ:旅行

ウー先生、財布を無くしてホテル代など借金中のパンくん、中向達よりも1日早く自分は帰国しました。

帰国して次の日、ジムで指導中の自分の携帯電話にタイから国際電話が入りました。
通訳兼コーディネーターの方からでした。

なんと、パンくんの財布が見付かったとの電話です!
もう絶対出てこないと思っていたパンくんの財布。

奇跡です!!!

通訳兼コーディネーターの方がその後も何度も車の運転手や打ち上げをしたタイ料理店SAFE ZONE(確かそんな名前だったと思う)に電話してくれていたそうです。

余談ですが、SAFE ZONE(仮)で無くなったというような話をしていたら、新宿の強豪ジム会長の浜○会長が「全然セーフじゃねぇ」と一言。
心の中で上手いっ!と思いましたが、落ち込んだパンくんの前では顔に出さずスルーしました。


さてさて、財布はなんと何度も見てもらったはずの帰りのミニバスの中にあったそうです。

運転手さんへの謝礼、探してくれた子供への謝礼、通訳兼コーディネーターさんの電話代など、数万円を差し引いて戻すとのこと・・・。
ただ、お金は送れないので、一緒の大会に出場した日本人選手が帰国する時に持ち帰ってくれるそうです。

なにはともあれ良かったねパンくん!


その事を伝えようと日本に到着したばかりのお金の貸し主中向に電話しました。
ちょうどパンくんや今回色々と御世話になったスポーツライターの方も一緒にいたので報告。

その時の話によれば、タイでは超ハイテンションだったウーさんでしたが、帰りの飛行機ではかなり意気消沈し「チャイスー、チャイスー(訳すと闘う心ですが、この場合は『頑張れ俺』的な感じですかね)」と自分の胸を叩きながら小さく呟いていたらしい。
タイ滞在時が相当楽しかったんだろうな(笑)

画像は96ピーナンジムでの最終調整終了後の中向とウーさん。


パンくんに貸したホテル代と頼まれたお土産代と少しの滞在費。
実はお金(日本円)を渡した時、一緒にいたウーさんが「明日の朝イチで両替に行くから」と、まだお金を借りないとどうしようもない現実を受け入れきれていないパンくんの手元からお金を預かり、自然に財布へしまいました。

さてさてそのお金はどうなったかというと!?
その貸したお金はホテル代だけを残してウーさんが全部使っちゃったらしい・・・。

更に空港に向かう最終日の待ち合わせに遅刻・・・。
何とか飛行機に間に合ったし、ちゃんとホテル代は残していたのでギリギリ何とかなったようですが・・・。


財布が見付かったからまだ良かったものの、貸したお金のウーさんの使い込みにより、更なる負債を増やしてしまったパンくん。

そして、ウー先生がタイで買った大量の荷物は何故かウーさんが持たずにパンくんと中向が持ち運んだのでした・・・。

色々とあったタイ遠征だったなー。

そして、エピローグへ続く。
| タイ人トレーナー | 23:54 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
ウー先生とパンくん 天国と地獄篇 第3話
JUGEMテーマ:旅行

閉店後のオープンエアーのタイ料理店に戻って調べたものの見付からないパンくんの財布。

最後の手段としてもう一度通訳兼コーディネーターの方に電話して、今から行くので乗っていたミニバスを調べたいと直訴。
しかし「もう明日は契約してないし、別の契約が入っているから無理。それに何度も見てもらったけど見付からなかった」とのこと。

この時点で捜索は断念せざるを得なくなりました。


財布の中にはパンくん自身のお金だけではなく、当日受け取ったファイトマネー、主催者から渡されたホテル代、ジムの仲間から頼まれたムエタイ用品代、そして免許証、学生証などなど。
パスポートを無くさなくて本当に良かったぁ。

もうこの時点でホテル代が払えなくなり、人から借りなくてはならなくなりました。

自分もそんなに手持ちがなく、どうしようかと話をしていたら、中向が「自分のファイトマネーをパンくんに貸してくださいっ」と直訴。
中向・・・(涙)

その後、ウー先生の名探偵コナンくんばりの犯人探し推理なんかもありましたが、疲れたので解散して寝ました。


そして次の日にパンくんの部屋へ行きました。
もしウー先生がお金を持っていれば、ウー先生から借りたほうが返済するのがラクです。

一緒にいたウー先生にいくらあるか聞いてみたら、財布の中には日本円の1,000円札1枚、ポケットからは少しのタイバーツ。

論外・・・。

とりあえず、自分の持っている中向のファイトマネーから、ホテル代をフロントに電話して聞いて、頼まれたムエタイ用品代などを計算して少し余裕があるくらいのお金を貸しました。

そして、自分は次の日の朝に帰国。
パンくんとウー先生、中向はその次の日の帰国です。


パンくんの財布が無くなった話を聞いた関係者の反応

パンくんの師匠、山○会長談「いつもポケットから財布が出てて、危ないから止めろって言ってるんですよ(怒)」

パンくんのジムの受付の女性談「よく机の上とかに置きっぱなしにしていて、何度も注意してるんです(怒)」

一緒に大会に出場した新宿の某ジム トレーナー談「控室で財布を出しっぱなしにしていて、近くの子供とかが見てたんです。これは危ないと思って自分が試合中に預かっていたのに、こんなことになるとは・・・」

一緒に出場した選手、○向談「ここは日本じゃないから、盗られないかなと心配してましたが・・・」

財布を無くしたパンくんのご家族談「本当に良い社会勉強をさせてもらいました・・・」


続く。
| タイ人トレーナー | 14:28 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
ウー先生とパンくん 天国と地獄篇 第2話
JUGEMテーマ:旅行

初海外・初タイ人との試合で、右足を怪我したものの反対の左足のローキックでKOするという素晴らしい内容で勝利し、テンションも上がっていたクロスポイント吉祥寺の潘選手(パンくん)。

試合後、皆でランシットスタジアムから打ち上げ会場のタイ料理店SAFE ZONE(※定かではないですがこんな店名だったと思います)へ移動しました。
ウー先生は同行していた彼女とその妹と別行動。

パンくんはタイまで応援に来てくれたクロスポイント吉祥寺の会員さんと楽しそうにしてました。


楽しい打ち上げも終了し、皆で主催者の用意してくれているミニバスに乗り込みSAFE ZONEを後にしホテルへ。

ホテル到着後にパンくんがリュックの中を開けて「無い、無いっ!」と言っていました。
どうしたのと尋ねると、どうやら財布が無いらしい。

ここで先にホテルに戻っていたウー先生と彼女、その妹も合流。

「車に落としたのかも」と言うので、通訳兼コーディネーターの方に電話。
直ぐに運転手に電話してくれましたが「車の中を探したが無い。車は既に遠くに行ってしまい戻ってこられない」とのこと。

お店の方も調べてくれたのですが、やはり無いとのこと・・・。


どうしても納得のいかないパンくんとウー先生。

パンくんは「あの店が怪しい。どうしてもあの店にもう一度行って調べたい」と言いました。

通訳兼コーディネーターの方にSAFE ZONEの住所を聞いて、ウー先生、パンくん、何故か自分と中向の4人で深夜タクシーに乗って閉店後のお店へ。
行く道中にパンくんは放心し、窓の外を見ながら「マジか・・・」と呟く。
確実に現実を受け入れられてませんでした。

そしてSAFE ZONEに到着。
完全に閉まってましたが、オープンエアーのお店なので中に入りました。
店内では店員らしき人達が数名残って酒盛りしてました。

自分達は各自、店内を捜索。
現金を抜いたあとの財布などが捨てられてないか、厨房やトイレのごみ箱の中や従業員のロッカーまで捜索。

しかし、見付からず・・・。


見付からないまま皆で相談していたら、酒盛りしていた店員が「誰かに財布を預けたんじゃないか? 」と聞いてきました。

実はランシットの控室で財布を出しっぱなしにしていたパンくん。
そのままでは財布を盗られてしまう可能性があり、危ないからと某ジムのトレーナーさんが預かってあげていたんです。
その財布を返したのがこの店内。
それを見ていたのか分かりませんが、財布が無いイコール友達に預けてあるって変ですよね?

自分「おいおい、ちょっと待てよ。お前は自分の財布どこにあるんだよ?自分で持ってっだろ?友達に預けてんのか?」
酔っぱらった店員「いや。そりゃそうだけど・・・」
自分「おかしくないか?自分の財布は自分で持つだろ?」と疑ってかかる自分。

相手は酔っぱらっていて、なんかその友人達も寄ってくる。

ちょっと空気感が悪くなった時に、ウー先生が「さぁ帰ろう、無いから」。

空気を察したのか?
それともただ単に良いタイミングで喧嘩になりそうなところを止めたのか?

神のみぞ知る。

諦めてタクシーに乗り込んでホテルに戻りました。

続く。

長くなってきたな(笑)
ちなみにこのSAFE ZONEにいた猫の写真をつい最近始めたFacebookのアイコンに使ってます(笑)
| タイ人トレーナー | 17:54 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
ウー先生とパンくん 天国と地獄篇 第1話
JUGEMテーマ:旅行

クロスポイント吉祥寺のタイ人トレーナーのウー先生。

タイ国ランシットスタジアムで行われたKICK REVOLUTIONに出場する潘隆成選手のセコンドとしてクロスポイント吉祥寺を代表してタイ国に里帰り。
ウー先生の引き起こす数々の出来事は自分達同行していた日本人を惹き付けました。

ウーさん

ウーさんはハイテンション

ウー先生はサービス精神旺盛

ウーさんとパンくん

ウーさんとパンくんプールではしゃぐ 前編

ウーさんとパンくんプールではしゃぐ 後編

さて、そんなウー先生。
行きの飛行機では「試合が終わったらバスで6〜7時間かけて故郷のイサーン(タイ東北地方)にパンくんを連れて帰る」と言ってましたが、結局彼女も呼び寄せて楽しくバンコクに残りました。
イサーンに行くのを嫌がっていたパンくんには良かったですね(笑)


さて、今回の話はウー先生ではなく、パンくんが主役です。

羽田空港でタイへの飛行機に乗る前のパンくん、中向、清川選手(新宿レフティ)。


パンくんの対戦相手は変則的な技も使いガンガン威圧してくる、怯んだら一気にやられてしまう可能性のあるやりづらい相手でした。
しかも2Rに相手の肘か膝を蹴ってしまい右足の甲が腫れ上がり、右が蹴れない状態・・・。
キャリアのあまりないパンくんには苦しい試合になりました。

しかし、パンくんは怯まずに的確に左ローキックを当てて、そして組みでも負けず対抗。
後半は左のミドルキックや痛めている右足でも蹴っていき、4R、遂に左ローキックで相手を倒してKO勝利!

これにはウー先生メチャクチャ喜んでました。
冷静にちゃんと色んな技を使い闘う姿に自分も良い選手だなぁと思いました。

足を痛めた状態で、タイ人相手に怯まず真っ向勝負してKO勝ち。
苦しいところから勝利をものにするという、ファイターとしてヤッターッ!て思える心境。

まさに天国。

しかし、その数時間後にパンくんは地獄も感じることになろうとは・・・。

続く。
| タイ人トレーナー | 20:45 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |