SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

鈴木秀明のSTRUGGLE blog 〜ムエタイ&キックボクシング

東京都墨田区 押上にムエタイ&キックボクシングジム ストラッグルを2006年5月15日にオープンしました。
☆ホームページ https://www.struggle06.com

キックボクシングを基本から楽しく学べます。
体力に自信のない方や女性、中高年の方も大歓迎です。

水曜20:00〜21:00はキックボクシング初心者クラス
木曜20:15〜20:45はテクニッククラス を開催!
キックボクシング初回1,000円体験も随時受付中です。

最寄り駅は 押上駅、錦糸町駅、とうきょうスカイツリー駅。
見学はお気軽にどうぞ!お待ちしています。

STRUGGLE 代表 鈴木秀明

飛行機出発35分前!!!
image1.jpeg
写真はマレーシア、クアラルンプール空港のフードコートのエビソバ。
食べてる時はこの後、大変な事態になるとは全く想像だにしてませんでした。


14時15分発の飛行機で帰国予定。

2時間前に空港に着くとして、初めてのクアラルンプールだったのでホテルを早めに出て駅へ行って電車でバスの出てる大きな駅へ移動。

空港へのバス乗り場を確認して、乗る予定時間まで近くでご飯を食べようと探すも日本にあるようなキレイなチェーン店ばかり。
諦めてコーヒーだけ買ってバスに乗って空港へ。

結構早めに空港に着いたのでお土産を買ったり、フードコートでローカルフードのエビの汁少し麺的なのをのんびり食べる。

・この時点で出発1時間30分前くらい。

食べ終わり、チェックインに行くも全然場所が分からない。
係員の人に出発の案内画面に表記されたH7とかのチェックインカウンターを聞くとあっちだと説明を受け、そちらへ行くもその表記は見付からず。

今度は近くの係員に聞くと自動カウンターでやれと列を指差されたので、そこに並んで順番待ちしてからやろうとするも必要な書類が違う…。

困ってさっきの係員にもう一度聞くとこっちのカウンターで良いよと言われ並ぶ。
15分ほど並び、自分の番になるも予約が入ってない…。
ここはエアアジア専用のチェックインカウンターと言われ、自分の飛行機はターミナル1でここはターミナル2との答え。

あれっ?
クアラルンプール国際空港って2つターミナルあるの?


焦ってターミナル移動の電車を探すも全然見つからない。

・この時点で出発1時間前。

聞いたらバスがあるとのことでバス乗り場を探しまくる。
空港に全然聞けるような係員が配置されてない。
清掃員っぽいおじさんに聞いて乗り場を教えてもらう。
バスは停車してない。
待ってもなかなか来ない。

ようやくバスが来てすぐさま乗り込む。
でも、まぁバスって直ぐに発車しないですよね。
この時間が果てしなく長く感じる(涙)

ようやく走り出したけど、なかなか空港っぽいのが見えない。

しかも、途中の駐車場みたいな停留所でバスは止まり、前にあるバスに乗換えることに。

速攻でそのバスに乗り換える。
でも、やっぱりバスは直ぐに発車しない…。
・この時点で飛行機出発45分前くらい。
聞いたらここから空港まで10分との答え。

荷物を預けたり、出国審査、手荷物検査などなどの時間を考えると間に合わない。
確実に終わったと思いました。
日本に、ごめんなさいたぶん飛行機に乗れませんと痛恨のLINEを入れる。


終わったなぁ、ついにやっちゃったなぁ、手持ちの現地のお金も少ないし、どうしようかなぁと、次の飛行機に代えてもらうとか、新しいチケットを買い直すとかやるべきことに頭が回らない…。

ダメ元でやれることをやろうと、ターミナル1に着く前から荷物を早く降ろして走れるように位置取りをして、着いてドアが開いた瞬間にダッシュ!

チェックインカウンター目掛けて走った。
エスカレーターをガタンガタンと荷物を持ち上げて上がった。
途中で案内板を間違えて違う方向へ行ってしまうもダッシュで修正。

走って、並んでる列にいた係員に伝えるとあっちのファイナルチェックインカウンターに行けと言われ、人を掻き分けてそっちの方向へ。
走ってる自分を見てハネダーッ?(羽田空港へ行く便)と声がしたのでそのまま駆けつける。

ちょうどそこには同じくターミナルを間違えたという日本人女性2名が謝りながら交渉していた。
そこにもう1人日本人が走って現れたことで、空港職員も諦めて対応してくれた。


とりあえず預け荷物はもう終了していたので、空港職員同行で別の場所に一緒に持って行って中をチェックし、そのまま預かっていただき、今度は急いで出国審査へ。

出国検査後は違う空港職員が迎えに来てくれて手荷物&ボディチェック、そして搭乗ゲートまで連れて行ってもらい飛行機へ(汗)

乗り込む時に「自分が最後?」って聞いたらイエスって言ってた。

何とか予定通りの飛行機に乗って帰国することができました。


実は出発でも、ギリギリにパスポートの期限に気付いて危なかったんです。

いや、もう今回は本当にギリギリ。

こんなギリギリなのは自分のせいなんですけどね。
こんな綱渡り旅行はダメだーっ。


明日から休養&色々と学んだ部分を活かしてよりジムを盛り上げていきますっ!
| 旅行 | 02:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
台南、猫村へ行きました
IMG_0935.JPG
ジムの年内の営業も終了して、台湾の台南へ。

ちょっと体調を崩し、回復も兼ねて台南にある猫村に行ってみました。

でも、猫がほとんどいなく犬が数匹いました。
何度も往復して愛想のない猫をポツリとポツリと3匹別々で見付けただけ…。

猫村というより、ただの廃村という感じでした(笑)

猫村にて、猫が全然いなくて途方にくれる。
| 旅行 | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
無事に羽田空港に戻ってきたと思ったら


博多での乗り継ぎに失敗し、次の便で何とか羽田空港に到着。

さぁ、これからジムに行こうと電車に乗ろうと移動しているときに、ふとなんかいつもと違うなと思ったら預け荷物を受け取らずに出てきちゃってました(笑)

一回出たら戻れないんですね…。

空港職員に預け荷物の紙を託して外で待つ。

今回は飛行機系で色々とやってしまったなぁ。
※飛行機の遅延は関係ないけど。

| 旅行 | 13:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
日本に帰ってきました、しかし
image1.jpeg
博多空港で明太フランスパンを食べる。

ルムピニースタジアムから直接空港へ行って、無事に帰国しました。

今回は東京に戻る飛行機の時間の関係で博多乗り継ぎ。

予定では余裕の乗り継ぎ時間。

しかし、タイを出発する便が1時間の遅延。

博多空港国際線乗り場から国内線乗り場へ急いで行くも、間に合わず…。

行きのミャンマーに続いてまた飛行機に乗れなかった…。

去年、成田と羽田を間違えて空港へ行ってしまって危うく乗れなくなるかもという危機はありましたが乗る予定だった飛行機に乗れなかったのは人生初。
しかも、行き帰り両方(笑)

悲しみにくれながら食べる明太フランスパンがいつもよりもしょっぱく感じた(涙)

とりあえず、何とか席が確保できたので次の便で羽田空港に帰ります。
| 旅行 | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
路上タコ糸エステ


罰ゲーム感がハンパないっ!

バンコクのチャイナタウン、ヤワラーでタコ糸エステをやってみました。

以前テレビで見て何だこれって気になってたんですよ(笑)

この近くに何店かあるのですが、ここは路上で椅子が置いてあるだけ。
ちょっと怪しめなおばちゃん曰く「私が元祖なのよっ!テレビとかにもいっぱい出てるからっ」と言ってました。

顔にチョークみたいなのを塗りまくって、その塗った部分のうぶ毛をタコ糸をクリクリッと捻って抜いていく感じでチクチクとちょっと痛い。

でも、その痛さよりも通りがかりの人にこの姿を見られる心の痛さの方が…。

肌がツルツルになるとかいうけど、やった後は塗られたチョークが肌に残ってる感じでちょっと変な感じでした。

| 旅行 | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
古い映画館で猫写真
IMG_8188.jpg
バンコクの中華街ヤワラーを彷徨って古い映画館で猫写真。

いやー、本当にバンコクはどこに行っても猫がたくさんいて写真撮りまくりです(笑)
| 旅行 | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ホテルと猫

JUGEMテーマ:旅行

 

歴史を感じさせるホテルのアンティーク家具と黒白の市松模様の床、そして猫。
自分的に最高の写真っス!

| 旅行 | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
開けないでぇー


まだ部屋を片付けてないから、開けないでぇー!?

| 旅行 | 15:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
カラカルとサーバルキャット
IMG_7930.jpg
バンコクに日本で普通は飼えないカラカルとサーバルキャットと触れ合える猫カフェがあるという情報を得て、触ってみたかったというのも今回タイに来た目的の1つ(笑)

どう行こうか考えていたら、イングラムジムの鈴木秀樹代表が連れて行ってくださいました。

本当にありがとうございました。

混雑した店内の飼育スペースで、カラカルは寝てました。
サーバルキャットは同じところをぐるぐると歩き回ってました。
あっこれはよく動物園で虎やシロクマなどが柵の中でたまにやっている常同行動ですかね。
ストレスがあるとやったりするらしいです。

そんなサーバルキャットは触ってもシカトする感じでなんかヤバイ雰囲気で怖くてちゃんと触れなかった…。

寝ているカラカスは触っても無反応。

でも、肉のつき方とかが明らかに普通の猫とは違う感じ。

やはり野生動物なんだなぁって思った。
本当はハグしたかったけど、ちょっと怖くて出来なかった(涙)
| 旅行 | 02:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
大都会の中の猫
IMG_7884.jpg
大都会バンコクの中心スポット、サイアムスクエアの駅前の高架下の通路を上から見下ろす猫。

通行中の人達は皆、全然気付いてない感じ。

でも、どうやって上がってどうやって降りるのかは謎。

下の通行人がAnti social social clubのTシャツ着てるのがメッチャ都会的な感じの写真になった。
でも、多分コピーもの、マーブンクローンで売ってたから…。
| 旅行 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |