SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

鈴木秀明のSTRUGGLE blog 〜ムエタイ&キックボクシング

東京都墨田区 押上にムエタイ&キックボクシングジム ストラッグルを2006年5月15日にオープンしました。

キックボクシングを基本から楽しく学べます。
体力に自信のない方や女性、中高年の方も大歓迎です。

水曜20:00〜21:00はキックボクシング初心者クラス
木曜20:15〜20:45はテクニッククラス を開催!
キックボクシング初回1,000円体験も随時受付中です。

最寄り駅は 押上駅、錦糸町駅、とうきょうスカイツリー駅。
見学はお気軽にどうぞ!お待ちしています。

STRUGGLE 代表 鈴木秀明

7・8 J-NETWORKアマチュア全日本大会に出場した4名の結果です!

image1.jpeg
7月8日(日)J-NETWORKアマチュア全日本大会に出場した4名の結果です!

ストラッグルの一番手はBリーグワンマッチに出場した定期的にアマチュア出場をしている軽量級選手(※今回2試合)

初戦は那須川天心選手のいるTEAM TEPPENの選手。
速いスピードからのパンチで押され不利な感じでしたが、 1R後半からミドルキックを当てていき、2Rはさらにミドルキックを当てる。
相手のパンチの印象とこっちのミドルキックの印象で判定は 1-1で引分け。

 


女子のAリーグワンマッチに出場した最近かなり強くなってきた女子選手。
対戦相手はアマチュアK-1優勝者でアマチュアボクシングも好成績の強豪選手。
レベルの高い攻防となり、相手のパンチが強く的確。
何度も被弾してしまいましたが、しっかりと勝つ気持ちを持って勝負。
距離感が良く、相手との駆け引きをしながらミドルキックを当てて判定2-1で勝利!
かなり良い動きでした。


そして、自分はジムでの指導のため、会場を後にして後半戦はプロ選手の大崎とナイスミドルで活躍するハルさんに託しました。

以下は大崎氏からのレポートです!

軽量級選手のBリーグワンマッチ2試合目
1ラウンド
相手の長いワンツーとローをもらい下がる展開。
下がりながら何とか右ミドルを返す。
2ラウンド
相手の動きが落ちて右ミドルとジャブをヒットさせて追い上げる。
1-0で惜しくも引き分け


Bリーグワンマッチ
スピードとパワーがあり、前回はREBELSアマで引き分けて今回はしっかりとした勝利を目指す選手。

1ラウンド
遠い距離で見合う展開。
相手の長い右ローで足を流される場面が目立つ。
2ラウンド
追いかけたいが捕まえられず逆に連打をもらう場面が目立ち判定負け。


そして、Aリーグライトヘビー級トーナメントで優勝経験もある選手が今回は復活を期してのトーナメント出場。

準決勝
相手はサウスポー。

体格と圧力で相手を下げさせて左ローと右腕ミドルで追いかける展開。
危なげなく判定勝利。

決勝
序盤は右ミドルを上手く当てパンチでぐらつかせてダウン寸前まで追い込むも、スタミナ切れから上体が上がり逆襲にあい、パンチの連打でスタンディングダウンをとられる。

再開後も連打をもらいレフェリーストップ負け。


成長を見せての勝利あり、あと一歩の試合あり×2、上手くやられてしまった的な試合あり、良いところが出た試合あり、悪いところが出た試合ありと2勝2敗2分。

今回の良かった部分、反省点、こうしたい部分を上手く次につなげて、次は皆で喜べるように頑張りましょう!

応援に来てくださった皆さん、応援してくださった皆さん、いつも練習に付き合ってくださる皆さん、本当にありがとうございました。

また一緒に頑張っていこう!

| キックボクシング | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
『Dropkick』チャンネルにて那須川天心VSロッタン・ジットムアンノンの試合解説をしてますっ!

JUGEMテーマ:スポーツ

 

インターネットのプロレス、格闘技の情報サイト『Dropkick』チャンネルさんで
 「キックぼんやり層」必読!! 那須川天心vsロッタンはここがヤバかった■ムエタイキラー鈴木秀明
 試合の解説をさせていただきました。



なぜ那須川天心は苦戦をしたのか?
ロッタンはいままでの選手たちとどこが違うのか?

面白い内容ですので是非、読んで見てくださいっ!

有料部分はさらに面白いっすよ!
http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1598910

読むのニャ!

| キックボクシング | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
昨日のワールドカップの日本の闘いとムエタイの5R

image1.jpeg
昨日はジムが終わってから急いで帰宅して、サッカーワールドカップの日本VSポーランドをテレビで見ました。

最後の調整時間については色々と思うところがあるのかもしれないですが、ムエタイの5Rと一緒だなと思いました。


勝っている方は無理をしない。
もう逆転できる可能性が無い場合はそのまま終了を待つ。

真剣勝負の駆け引き。

エンターテインメントスポーツでありながら、やはり勝つこと、昨日の場合は予選リーグを勝ち上がることが何よりも大切。

昨日の感じだと日本が同点に追いつくのは相当厳しそうだった。

逆に攻めることで防御が手薄になり、2点差に離されてしまう可能性を高く感じた。

だから、負けても勝ち上がることをハッキリと選択した日本。

ここで攻めに行って2点差になったり、イエローカードをもらってしまったりして予選リーグ敗退になったら、それこそ皆んな怒るし、ガッカリしちゃいますよね?

ムエタイの5Rも一緒。

自分がお金を掛けていた場合、このまま逃げ切れば勝ってお金が入るのと、強引に攻めにいって逆転されてしまいお金を失う。

勝っているのに強引に攻めて逆転される選手に大金を賭けられますか?

そういう信用度の低い選手はギャンブラーの信用度も下がり、次に賭けてもらいづらくなってしまいます。

ただ、最近は接戦のまま5Rの後半までいった場合の一発当たった、バランスを崩したなどで勝ち負けが変化する硬式空手やテコンドーのようなポイントの取り合いもあります。


リングの上だけではなく、ギャンブラーの賭け率や動向も深く関係してくるムエタイ。

ムエタイの5Rの勝ち負けの優劣がついた時の流しは昨日のサッカーと同じように感じました。


それにしてもこのグループで予選リーグを勝ち上がったことが本当に凄いっすよ。

| キックボクシング | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
夢枕獏先生の紫綬褒章受章パーティ(スックワンバク)

image2.jpeg
6月25日(月)に行われた夢枕獏先生の紫綬褒章受章パーティに参加させていただきました。

場所は渋谷のトーキョーファイトクラブ。

落語あり、太鼓演奏あり、ジャズセッションライブあり、ダンスあり、そして格闘技のエキシビションマッチ盛りだくさんの楽しいパーティでした。


大月晴明VS波賀宙也がメインで激しいピアノ演奏の中バチバチの打ち合い。

若者の格闘技とファッションのミックスカルチャーを作り出した佐藤ルミナVS宇野薫の試合の3度目の対決。

REBELSチャンピオンのスアレックVS復帰後連勝中の宍戸大樹のシュートボクシングルール。

安本晴翔VS末廣智明の変幻自在な多才な技術戦。

共にラジャダムナンスタジアムのタイトルマッチを行なっているT−98VS石毛慎也のずっと打ち合う肉弾戦。

飯村健一&青木真也VS北沢勝&長南亮の楽しくもテクニカルなタッグマッチ。
だけど後半は混沌(笑)

神代雄太VS山崎順也の日本の空手の未来を担う日本人選手同士の空道マッチ。
頭突きからの肘打ち、さらには下からの蹴り上げなども入り乱れた空道らしい試合。


自分は松原隆一郎先生と解説を担当。

夢の対決ばかりの面白いエキシビションマッチばかりでしたし、松原先生のリードのお陰で楽しく解説させていただきました。



夢枕獏先生、紫綬褒章受章本当におめでとうございます。
このような会に参加させていただきありがとうございました。

| キックボクシング | 00:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
6・24 NJKF観戦

image1.jpeg

昨日はジム終了後に後楽園ホールへNJKFを観戦しに行きました。


メインイベント

健太VS憂也

2R、健太選手がダッキングしてのカウンターの右フックでダウンを奪取。

このテクニックは凄いなぁ。

普通はなかなかできない。


ダウンを奪われても、憂也選手はダメージを感じさせず膝蹴りを織り交ぜ猛ラッシュを繰り返す。

しかし、健太選手も動きが良い。

4Rはバック肘をクリーンヒットさせたり、5Rには何度も肘を当てたりし、激しい試合は健太選手が判定勝利。


敗れはしましたが、憂也選手も良かった。


しかし、この日の健太選手は肘や組み膝などの得意な攻撃に加えてパンチテクニックも高く、健太選手は強かった!



セミファイナル

YETY達郎VSクンタップ・チャロンチャイBTCスピードと体格で勝るYETY選手が距離感の掴めていないクンタップ選手に飛び込んでのフェイントを入れた左フックで見事にクンタップ選手の顎をとらえてYETY選手が1RKO勝利!



NJKFライト級タイトルマッチ

チャンピオン NAOKI VS鈴木翔也

2Rには鈴木選手が肘を中心に良い場面を作り、3RはNAOKI選手がパンチで一瞬グラつかせる。

4Rは鈴木選手がパンチを何度か当てて、NAOKI選手は負傷で2度のドクターチェック。

5R、後半NAOKI選手が攻勢に出るも少し遅く判定は2-0で鈴木選手が新王者に



NJKFフライ級王座決定戦

松谷桐VS一航

直線的なスピードのある攻撃を角度を変えて打つ松谷選手にムエタイのリズムの一航選手。

攻撃の軌道が見えずらく度々ガードの隙間からパンチを被弾する一航選手。

その中の縦肘で松谷選手が一航選手の顔をカットに成功。

続行するも2Rに傷が開きドクターストップで松谷選手が無敗のままチャンピオンになりました。



NJKFスーパーバンタム級タイトルマッチ

チャンピオン前田浩喜VS久保田雄太

序盤から速いミドルキックで攻める前田選手とジリジリと距離を詰めて右ミドルキックを当てていく久保田選手。

前に出て攻める印象は久保田選手、ヒット率と試合コントロールは前田選手。


接戦の判定は1-1のドローで前田選手が王座防衛。



だいぶ世代が変わってきたNJKFの選手たちですが、新しい選手達の頑張りが団体を盛り上げて行くと思います。

新エースの誕生に期待です。

| キックボクシング | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
シンラパムエタイでシットサラワットスア ジムに行った記事がアップされております!

IMG_8122.jpg
先日、タイに行った際に訪れたシットサラワットスアジムへ練習見学に行った際の記事が シンラパムエタイのFacebookに上がっております。


ミットを持っているのは数年前にストラッグルで指導してくれたガイ先生。

自分もなぜか、急遽現チャンピオンのコムペット・サラワットスア選手と首相撲をしました。

腕の力が軽量級とは思えないほど力が強かったぁ。
次の日、首がバキバキに筋肉痛でした(笑)

是非、読んでみて下さーい。

| キックボクシング | 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ルムピニースタジアムのスーパーフライ級タイトルマッチを観に行きました


一回作って下書きに保存したはずのブログが保存されてなくて全部消えてしまい心が折れて、改めて書くのが遅くなりました。

6月15日(金)にタイ、ルムピニースタジアムへ、ルムピニースタジアムスーパーフライ級タイトルマッチ、王者キャオ・パランチャイに日本の大崎一貴選手が挑んだ試合を観に行ってきました。

王者キャオ選手はタイのチャンピオンの中でもトップクラスで、ミドルキックと首相撲主体の選手。

正直、賭け事が中心のムエタイにおいて普通は組まれないカード。

確実に大崎選手不利で試合開始。

大崎選手は1Rに強いパンチでガンガン攻め込んでキャオ選手を驚かし、クリーンヒットではないもののバックキックが当たり、顔には出してないもののキャオ選手は確実に効いてました。
顔に出さないようにするキャオ選手ですが、動きは鈍い感じ。

その後、大崎選手はボディブローやさらにバックキックなどで攻勢に出るも誤魔化すキャオ選手を崩せず1R終了。

間のインターバルには試合前は静かだったギャンブラー席が賑やかになりました。

しかし、2Rからは距離を一気に詰めて首相撲に終始するキャオ選手。
大崎選手のパンチも単発ですぐに組まれてしまい突破口を見出せない。

首相撲で完全にキャオ選手優勢。

2R終了時にはギャンブラー席も静まり、大穴狙いのギャンブラーが声をかけるも成立できる相手はいないような感じで、そのギャンブラーは照れ笑い。

そのまま、キャオ選手は圧力をかけてしっかりと集中した組み膝主体で闘い3、4、5Rと大崎選手の必死の攻撃も潰し続けて試合終了。

試合は大差でキャオ選手。

1Rはまさかの大番狂わせかと興奮しましたが、やはり一流のトップクラスはすごいですね。

あとは日本人で貴・センチャイジム選手が1階級上での試合に挑みましたが、長身の貴選手よりも背の高い組み膝の強い相手に組み膝でやられた後の縦肘でKO負け。
本人もうなだれてましたが、相手は強い選手でした。

そして、会場でうちのジムで短期ですが指導してくれ、小宮山工介選手とも対戦したポン先生と再会!

ずいぶん太りましたが、人懐こい笑顔で懐かしかったー。
ちなみに自分が手にしてるのはこの日の興行のギャンブラー用の予想紙。
なんか手に持ってて変な感じですね。

| キックボクシング | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
久し振りに梅ちゃんがジムに来てくれました
IMG_8306.jpg
ストラッグルの元プロ選手で、ジムをすごく盛り上げてくれた梅ちゃんが久し振りにジムに来てくれました。

子供も大きくなったなぁ。

こうして一緒に頑張った仲間が来てくれるのは本当に嬉しい。
梅ちゃんありがとう。

ストラッグルはそんなに大きなジムではないし、全員自分がミットを持ったり、1人1人その人の事を考えながら直接お教えしていますので、自分は選手はもちろん、会員さん達は皆、覚えてますっ!

最近丸くなったと言われる代表と楽しいジム仲間達がいますので、良かったら皆来てね!
| キックボクシング | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ラジャダムナンスタジアムのビッグマッチ

IMG_8257.jpg
昨日の夜はラジャダムナンスタジアムへ試合観戦。

後半の試合はタイでのテレビ放送の生中継もあり、好カードでKOも多くあり、激闘続出で面白かった!


メインはペットウートーンVSスーパーレック。
写真はスーパーレックの速いミドルキックを上手くスネブロックするペットウートーン。

あまり強そうに見えないんだけど攻め方とかタイミングとかペットウートーンは凄い。

試合はペットウートーンが4Rにハイキックなどを決めてそのまま終了かと思ったのですが、5Rにスーパーレックが怒涛の反撃で試合はドロー。

 


セミはパンパヤックVSヨードパノムルン。
肘が強くファイタータイプの顔の恐いパンパヤック(※3年連続MVPを取ったパンパヤックとは別の選手)と1階級上で活躍するヨードパノムルン。
ハイレベルな激しい試合でパンパヤックが最後までもつれる大接戦で勝利。
凄く面白かった。

個人的には試合時の顔が恐い同士で梅野源治選手との試合が見たい。
クラーップダムよりも手も合うような気もする。


その前には志朗選手や瀧澤選手とも闘ったバカイペットが出場しつKO負け。

以前、梅野選手からタイで勝利したこともあるゴンナパー・シリモンコン選手(日本での再戦で梅野選手が圧勝)が開始直ぐにワンパンでKO負け。

 


そして、アタチャイジムのチャラワン・ポーオンヌットはサウスポーのパワーファイターに押され気味で危ない場面はありましたが、3Rにパンチを連打で当てて、ボディを効かせてダウンを奪い、逆転されそうになるも最後は肘からミドルキックそして最後は顔面前蹴りを決めてKO勝利!
アタチャイも喜んでました。

今興行は激しい試合が多く面白かった。
こんな興行が続いたらまたムエタイ人気は上がるんだろうなぁ。

| キックボクシング | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アタチャイジム
image1.jpeg
昨日はアタチャイジムへ練習見学に行ってきました。

写真はアタチャイジムのバンテージが干してあるところ。
なんか鯉のぼりみたいな感じですキレイ。

所属選手のラジャダムナンスタジアムバンタム級チャンピオンのチャラワン・ポーオンヌットが当日試合のため、練習は少し軽めという感じでしたが、トレーナー陣はちゃんと来た外国人練習生達の対応をしてました。

アタチャイは体調が優れないのとちょっと疲れてる感じでしたが、出てきてチョコチョコ練習を見たりしてました。

ジムを真面目に運営していくって大変なんですよね…。
練習生の求めるもの、自身の理想、現状、体調管理、関係者の繋がり、指導スタッフのこと、金銭的なことなど、真面目にやると山ほど考えることがある。
アタチャイは真面目なところが多いから、今はちょっと疲れてるのかななんて勝手に心配してしまいました。
| キックボクシング | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |