SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

鈴木秀明のSTRUGGLE blog 〜ムエタイ&キックボクシング

東京都墨田区 押上にムエタイ&キックボクシングジム ストラッグルを2006年5月15日にオープンしました。

キックボクシングを基本から楽しく学べます。
体力に自信のない方や女性、中高年の方も大歓迎です。

水曜20:00〜21:00はキックボクシング初心者クラス
木曜20:15〜20:45はテクニッククラス を開催!
キックボクシング初回1,000円体験も随時受付中です。

最寄り駅は 押上駅、錦糸町駅、とうきょうスカイツリー駅。
見学はお気軽にどうぞ!お待ちしています。

STRUGGLE 代表 鈴木秀明

1・7 新日本キックボクシング協会興行観戦


ジム終了後に後楽園ホールへ1月7日(日)新日本キック興行を観に行きました。
ホールに入ったすぐのところに武田幸三さんがいてご挨拶。
こうして引退してからも毎年、自身のいたジムの興行を手伝っているのはやはり人柄なんでしょうね。

間に合った試合の簡単な観戦記です。
メインイベントは、バカイペット・JSK VS波賀宙也
NJKFから参戦の波賀選手がタイのテレビマッチでも活躍していたバカイペット選手と対戦。
ミニ情報、バカイペット選手のスネは相当硬いらしいです。

試合は序盤、左のローキックとストレートの強打で攻めていくバカイペット選手に対してムエタイ慣れしている波賀選手は驚いたりせずに対応していく。
3R徐々に手数を増やして攻め入っていくバカイペット選手に対応しながら速いミドルキックを当てる波賀選手も、印象はバカイペット選手。
4Rは波賀選手がバカイペット選手の攻撃に慣れてきて上手く対応し、有効打を許さない。
5R、バカイペット選手が強引に出たところに波賀選手が左肘を当てて主導権を握るも、外しながら左の蹴りを当ててまた外すバカイペット選手。

そのまま試合は終了。
難しい判定で、3Rはバカイペット選手、5Rの波賀選手の攻勢を評価したら引き分けかなぁという感じ。

判定は5Rの波賀選手の攻勢は評価されず50-49、49−49、50-49でバカイペット選手の判定勝利。

タイの強豪と実際闘うとゆったりしたリズムからいきなり攻撃が速く強くなったりするから普通は驚いてしまうことがあるんですが、波賀選手はムエタイ慣れしていて、タイ人の攻撃の対処法をよく分かってますね。


石川直樹VSラタケット・パンダクラタナブリー
組み膝と肘を得意とするフライ級チャンピオン石川選手。
序盤はローキックをスカされるなどでなかなか攻め手を作れなかったものの2Rから強引に組んでいきます。
ガッチリとした手のロックと組んでの肘打ちで優勢に進め、3Rスタミナの切れたラタケット選手を組んで顔を下げさせての顔面膝蹴りで2回ダウンを奪い判定勝利。
石川選手は組んでの肘と膝が得意というのは日本人には珍しいタイプですね。


石原将伍VSスウィーレック・パンダクラタナブリー
様々な軌道から繰り出されるパンチが上手いフェザー級チャンピオン石原選手が手足が長くやりにくそうなスウィーレック選手に様々な角度からのパンチを当てていき優勢に。
強引に組みにくるスウィーレック選手に手を焼くも2R終盤に右ストレートをクリーンヒットさせて2RKO勝利。
石原選手のパンチは角度が独特で防御がしづらそうですね。


柴田春樹VS OD・KEN
OD・KEN選手が開始早々パンチのラッシュでダウンを奪い、立ち上がる柴田選手ですがダメージは明らか。
すぐさま追撃でさらにダウンを奪いレフェリーがストップし、51秒でOD・KEN選手がTKO勝利。
ヘビー級ならではの迫力のある速攻劇でした。


ヨーペット・J S K VS永澤サムエル聖光
ヨーペット選手は梅野源治選手をローキックで苦しめ(引き分け)、森井洋介選手に負けた選手。
ヨーペット選手が何度かハイキックで脅かしながらのらりくらりと闘い、攻め手を作ろうとする永澤選手でしたが最後は何度か組みからの転
かされてしまい判定でヨーペット選手の勝利。
ヨーペット選手は攻撃が強いのでそれが見たかったのですが、上手く流してました…。


政斗VS憂也
近距離でパンチに加え、ハイキックや跳び膝蹴りなどもヒットさせていく憂也選手。
最終R肘打ちを打ちながら前進して反撃していく政斗選手でしたが、もう一歩距離を縮められず、パンチのヒットで上回り憂也選手が判定勝利。
組みと肘無しのルールで培った近距離の攻撃のレパートリーの多い憂也選手の得意パターンでした。


直闘VS内田雅之
足を上げたり位置を変えたりしながら距離をズラして闘う内田選手になかなか攻め手が作れない直闘選手。
2Rに内田選手がローキックを効果的に当てて、3R2分59秒にパンチでダウンを奪い判定勝利。
内田選手はあまり目立ってはいないものの独特のリズムを持った上手い選手。


自分が選ぶ今興行のMVPは強引に組んでくるタイ人選手を変化と角度を変えたパンチでしっかりと倒しきった石原選手。
以前から注目してましたが、強くなってきてます。

今年は那須川天心選手の活躍もありますし、去年よりもさらにキックボクシングが盛り上がりそうですね!

| キックボクシング | 03:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新年からジムは良い感じ!
IMG_6690.jpg
新年がスタートしてジムは良い感じで盛況です!

皆さん新たな気持ちと正月休みで弛んだ身体で楽しく練習してまーす。

うちのジムは広いので、たくさんの方が動いているのにまだまだスペースはありますっ!


のんびりマイペースでやる方も、しっかりと練習したい方も、軽い気持ちで運動したい方も、皆さん今年もストラッグルでキックボクシングを楽しみましょう!

ストラッグルでは専門のスタッフが楽しくしっかりと教えますっ。
毎回自分やトレーナーによるマンツーマンのミット打ちも出来ますよー。

格闘技が好きだけどなかなか始められない方、再びキックボクシングを始めたい方、ぜひストラッグルで始めましょう!

選手だけでなく、格闘技観戦が趣味の方も自分で技術を会得することでより一層格闘技が楽しめるようになりますよー!

皆さんのご入会、復帰をお待ちしてまーす。
| キックボクシング | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2・18 REBELS.54に老沼隆斗が出場します!

JUGEMテーマ:スポーツ

 

2月18日(日)REBELS.54(後楽園ホール)に老沼隆斗が出場します。



今回はスーパーフライ級王座を賭けた4名のリーグ戦。
出場選手は老沼の他3名。

濱田巧(TEAM AKATSUKI)
老沼とは前回J-NETWORKの新人王トーナメントの決勝戦で延長にもつれる死闘を繰り広げた強敵。

JIRO(創心会)
前回体重オーバーをするも試合では左ミドルキックを主武器に判定勝利(公式記録は失格負け)。
練習環境も良くなりかなり強くなってきていて、このリーグ戦で化ける可能性も。

蓮沼拓矢(テッサイジム)
攻撃力が高く気持ちが強い激闘系の選手で、真っ向勝負しながらもテクニックもあるので対戦相手は厳しい闘いが予想される。
老沼とリーグ初戦での対戦。

このリーグ戦は出場選手全員がトップ を目指す位置にいる将来的に期待される勢いのある選手達。


老沼もJ-NETWORKの新人王を獲得して現在かなり強くなってきてます。

このリーグ戦は老沼にとって上に行く最高の舞台!


老沼隆斗覚醒なるかっ!

 

応援をよろしくお願い致しますっ!

 

尚、2月18日(日)のメインイベントは梅野源治選手のルムピニースタジアムのタイトルマッチ。

歴史的な試合となると思いますっ。

 

ジムでチケットは買えますので、お早めによろしくお願い致しますっ。

| キックボクシング | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
12・16 NKB観戦
image1.jpeg
ジムを途中で中田先生に任せて、来年2月興行にストラッグルから初参戦させていただく予定のNKB興行を観戦に後楽園ホールへ行って来ました。
NKBさんの興行を観に行くのは凄く久し振りです。

間に合って観れた試合を簡単に書きます。


ダブルメインイベント最終試合
NKBライト級タイトルマッチ 高橋一眞VS大和知也
大和選手の入場曲が師匠の小野瀬さんの入場曲だったキャプテンジャックのミックスで、20年前に当時のジムの後輩たちから聞いた話を思い出しました。
当時、小野瀬さんの入場を見た佐藤嘉洋君が入場曲を凄く気に入りCDを購入して、名古屋⇔東京の車の往復で延々とリピート再生し、同乗者たちの頭の中はずっとヘイホーキャプテンジャックというフレーズが木霊するというキャプテンジャック地獄(笑)に皆を陥らせていたらしい…。

話は観戦記に戻ります。

スピードとテクニックで勝りガンガン攻めて行く高橋三兄弟の長男一眞選手。
対する大和選手は変則的な動きで翻弄しながらパンチを打ち込む。
一眞選手が組み膝蹴りなどで圧倒してパンチを効かせダウンを奪う。
しかし今度は大和選手のパンチが相討ちのような感じでヒットし、一眞選手がダウン。

お互い1回ずつのダウン、その後大和選手がもう一度当てて2度目のダウンを奪うもかなりダメージのある大和選手。
そのまま激しい打ち合いは続き、一眞選手のパンチが大和選手を捕らえて大和選手が倒れてそのまま立ち上がれず。

激しいどっちが倒れても仕方ない打ち合いで倒し、チャンピオン高橋一眞選手が防衛。
凄い試合だった。


ダブルメインイベント
NKBフェザー級タイトルマッチ 村田裕俊VS優介
knockoutで森井選手と激闘を繰り広げた村田選手が組み膝などで優介選手を圧倒していき、2Rにパンチでダウンを奪う。
その後、村田選手がパンチで追撃して攻めていくところで互いの攻撃が相討ちのような状態にり、そのまま姿勢を崩しながら蹴った優介選手のハイキックが見事に決まり、まさかの逆転勝利でチャンピオンを下し見事戴冠。

逆転勝ちに沸く会場!
自分も驚きました。


高橋聖人VS安田浩昭
高橋三兄弟の次男、聖人選手は攻撃力があるし速いっ。
対する安田選手は前に出てパンチをガンガン打っていく。
2R聖人選手が左の膝をカウンターでヒットさせて安田選手に効かせ、試合は聖人選手ペースでKOもあるかと思われた矢先、安田選手がカウンターの右ストレートを決めるっ。
ダメージを受けながらも退かずにパンチを狙い続けた安田選手の劇的逆転KO勝利!


棚橋賢二郎VS小鹿雅弘
パワフルなパンチの棚橋選手と速いパンチの小鹿選手。
互いにパンチを当て合うもダメージを与えきれず、棚橋選手はローキックを何度か当てましたがそれもポイントにつながらず判定はこちらもドロー。


釼田昌弘VS義充
身体の力が強い釼田選手とサウスポーからミドルとパンチで攻める義充選手。
前に出ているのは釼田選手、クリーンヒットはないものの上手く当てているのは義充選手。
判定は引き分け。
しっかりとした差がないとNKBではポイントが奪えないことを再認識しました。


マサ オオヤVS野村怜央
実直に前に出て攻めるオオヤ選手とステップから速い攻撃でヒットを重ねる野村選手。
2Rに野村選手が入ってくるところにハイキック一閃。
野村選手が鮮やかなKO勝利!


パントリー杉並VS伊東伴恭
ステップを使った速い攻撃のパントリー選手と一発一発が強打の伊東選手。
2Rに攻撃をまとめてダウンを奪った伊藤選手が3Rには縦肘でカットも奪い判定勝利。


チャン・シーVS SEIITSU
互いに引かず、互いに攻め手に欠く内容で、後半SEIITSU選手が組み膝を優位に位置取るも蹴るまでいかなくジャッジ2者が30ー30のドロー。


鎌田政興VS岩田行央
鎌田選手が3Rにパンチをまとめて当てて競り勝ち判定勝利!


本当に久し振りのNKB興行の観戦でしたが、後半の3試合が面白かったぁ。
| キックボクシング | 02:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
11・26 NJKF観戦

image1.jpeg
アマチュア大会のトーナメント出場の3名が全員準決勝で敗退してしまったので、早めに会場を後にして後楽園ホールへ。

NJKF観戦。

メインは宮越慶二郎VSテーパプット・シットオブン
ステップを駆使してパンチを当てようと攻める宮越選手にのらりくらりと柔らかい動きから急に速くなり前に出て組んだり肘を打とうするテーパプット選手。
2R、えぐるような膝蹴りからの左肘でテーパプット選手がカットに成功。
その後、逆転を狙いパンチで思い切り良く攻める宮越選手とテーパプット選手の縦肘打ちが何度か交差。

2度のドクターチェックが入り、最後はレフェリーがストップさせてテーパプット選手のTKO勝利。
テーパプット選手は現役のタイのTV7チャンネルの試合で活躍する選手。
やはり7チャンネル系の選手の試合は面白いなぁ。

日本のファンに分かりやすい。
テーパプット選手は梅野選手の保持するWBCムエタイのタイトルマッチで見たい選手。



WBCムエタイ女子世界ミニフライ級王座決定戦
伊藤紗弥VSヨッティング・シットナムカブワン
伊藤選手とヨッティング選手共にレベルの高いムエタイの攻防。
スピードでは伊藤選手が勝る。
混戦に巻き込んで試合を支配したいヨッティング選手でしたが伊藤選手の対応が上手い。
3、4、5Rを優勢にした伊藤選手が判定勝利しWBCムエタイ女子世界ミニフライ級チャンピオン。
伊藤選手のムエタイテクニック&対応能力は高いなぁ。



WBCムエタイフェザー級王座決定戦
駿太VS新人
前に出て攻めていく新人選手と迎え撃ちながら試合を作ろうとする駿太選手。
後半、グイグイと攻めていった新人選手がパンチを何度か当てて優勢に。
最後まで諦めず必死の打ち合いに出た駿太選手でしたが挽回できず、新人選手が後半を制して判定勝ちしWBCチャンピオン獲得。
新人選手ももうベテラン。



WBCムエタイスーパーフェザー級王座決定戦
琢磨VS浅川大立
1R、琢磨選手が右クロスでダウンを奪う。
ダメージはありそうでしたが、ガンガンと攻め返していく浅川選手。
最後まで激しくどんどん仕掛けた浅川選手に何度も打ち合い激しい攻防を繰り広げた琢磨選手がWBCチャンピオン戴冠。



イエティ達朗VS真樹・親太郎
イエティ選手が右フックで3度倒してKO勝利。
イエティ選手がしっかりと体重の乗ったパンチを打ってました。
最初のダウンでかなり効いていて、回復させられなかったですね。

 


浅瀬石VSTETSURO
1R、軽快にローキックとパンチをヒットさせて主導権を握った浅瀬石選手でしたが、2R、TETSURO選手のパンチがカウンターでヒットしてダウン。
その後も何度かパンチでダウンを奪い最後はダウン後にレフェリーが試合をストップし北海道のTETSURO選手が戴冠。



先週は興行ラッシュ、さらにこの日曜はキックボクシング、ムエタイ系興行が東京だけで3興行。
どこも大変だったんでしょうね。

でも、昔から考えれば本当に興行が増えたから選手にたくさんの舞台が与えられるようにはなっているんですよね。

昔からキックボクシングに携わっているとそれが、良くも悪くもとか考えてしまう…。

| キックボクシング | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
11・26 J-NETWORKアマチュア全日本大会に出場したストラッグルの選手5名の結果です

image1.jpeg
11月26日(日)J-NETWORKアマチュア全日本大会に出場した5名の結果です!

6名が出場予定でしたが、1名は腰の調子が悪く欠場。
頑張って練習していたので悔しいと思いますがしっかりと治してまた頑張りましょう。



一番手の試合はBリーグライト級トーナメントに出場のスピードが速いパワーファイター。
1回戦、動きが硬く相手のパンチに下がってしまうも力強いパンチを何度か当てて辛勝。

2回戦、直線系の動きで攻撃力のある相手に、1回戦とはうって変わって上手く動き、下がりながらもところどころでパンチをまとめて判定勝ち。

準決勝、長身の相手に上手くステップワークを使って攻撃を外してパンチを入れていい流れ。
このままいくかと思われましたが、残り30秒くらいでコーナー側で相手に攻撃をまとめられてしまいその印象が悪く判定負け。
あと少しだったんですが、相手が勝負強かった。

今回3試合闘った経験は今後に活きてくると思います。

 


Cリーグワンマッチ、バンタム級でビギナーで勝ち、前回Cリーグで引き分けで今回Cリーグ勝利を目指す選手。
序盤からどんどん攻めてくる相手にかなり苦戦するも、2R後半にミドルキックを蹴りまくりギリギリで勝利を掴みました。
嬉しいCリーグ初勝利!
最後にしっかりと蹴り続けた必死さが勝利を掴みましたっ!



Cリーグワンマッチ、フェザー級に出場の50代ファイターでいつも熱い情熱を持って練習し、今回名古屋から東京に来てストラッグルでの初試合。
試合は背の高い相手にパンチを被弾しながらも真っ向勝負をしていき、ローキックで何度かスリップさせる場面も作ったり、退かずに闘い続けましたが、判定負け。
試合は負けたけど年齢を感じさせない強い気持ちをリングで見せてくれましたっ!



女子Bリーグトーナメントには日々練習を頑張っている選手が出場。
試合前にリングに上がってから女子のファールカップ、アブスメントガードをつけ忘れるという大失態…。
対戦相手の方、そして関係者の皆様、進行を妨げてしまい本当にすみませんでした。

直ぐつけ直して2試合後に仕切り直し。
試合は蹴りを何度か当てていくも前に出てくる相手のパンチと勢いに押され、1-2の判定負けでしたが、タイムが1分30秒のところ、1分で終了してしまっていて再度戻って30秒を闘いました。
残念ながら最後の30秒でも展開を変えることが出来ず判定負け。
試合内容は悪くなかったのですが…。



Aトーナメント、ライトヘビー級はAリーグ優勝経験のある重量級ファイターが出場。
サウスポーの対戦相手に大振りのパンチになってしまったところに先にパンチを当てられてしまいます。
そして、所々で蹴りも当てられてしまい完全にヒット数では相手。
効かせたパンチは何度かありましたが、振りが大きく単発になってしまい攻撃のバランスが良くなかった。
完全に相手のペースで試合終了し、判定負け。
練習ではある程度コンビネーションが出てるんですけど、試合で活かせないなぁ。



朝早くから手伝いに来てくれたセコンド陣、そして応援に来てくださった皆さん、ジムの指導に入ってくれた中田、松崎、応援してくださった皆さん、ありがとうございました。

| キックボクシング | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本日のJ-NETWORKアマチュア全日本大会に5名が出場します!

image1.jpeg
本日開催のJ-NETWORKアマチュア全日本大会にストラッグルから5名が出場します!

写真はアタチャイジムにあった自分とアタチャイが闘った時の勝利トロフィー。
トーナメント出場選手にトロフィーを取ってほしいなぁとの気持ちでこの写真を選択。

トーナメントに3名とワンマッチに2名。
試合に向けて皆、頑張って練習してきました。
明日は楽しんで思いっきり闘ってほしいと思います。
皆で頑張ろうっ!

自分は試合会場の大森ゴールドジムに行くので、ジムは中田先生と松崎氏が指導に入ります。

よろしくお願い致します!

| キックボクシング | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
11・24 REBELS.53観戦

image1.jpeg
11月24日(金)REBELS.53観戦に行ってきました。
平日興行で、ここ数日興行が続いているにもかかわらずお客さんが入ってました。

メインの梅野源治VSインディートーン・ポー・フィナバット

序盤から仕掛けていく梅野選手にしっかりと立ち向かいながら攻撃を返していくインディートーン選手。
徐々に手数や仕掛けを増やして試合を支配しようとする梅野選手。
3Rからパンチと組み膝での横からの大きな膝蹴りなどで逆にポイントを奪いにいくインディートーン選手。
4R、2人の攻防が激しくなりつつある刹那、梅野選手の左縦肘が当たり、一瞬止まってからぶっ倒れるインディートーン選手にすぐさまレフェリーが試合をストップ。

劇的な凄い縦肘で梅野選手がKO勝利!

これは凄い一発だーっ!

第8試合
スアレック・ルークカムイVS鈴木真治
正面からぶつかり合うことの多い展開のまま後半へ。
互いにかなり消耗しながらポイントを取ったり崩したりで最終Rも上手く闘ったスアレック選手が激闘を制し、REBELSムエタイスーパーライト級チャンピオンに。
スアレック選手相手に終始真っ向から勝負していた鈴木選手のハートも凄かった。

第7試合
良太郎VSピラオ・サンタナ
しっかりとサンタナ選手のパンチ対策をし続けた良太郎選手が4Rにタイミングの良いパンチでダウンを奪い判定勝ちし、REBELSムエタイのライト級チャンピオンに!
いつも我を忘れて低いガードのまま打ち合いに行ってしまう良太郎選手ですが、この日のベルトへの気持ちが客席にも届きました。

第6試合
国崇VS炎出丸
序盤から前に出てプレッシャーをかけていった炎出丸選手が3Rから組み膝で優位に進めていき、最後まで組み膝を中心に攻め続けた炎出丸選手がベテラン対決を制し5R判定勝利!
炎出丸選手らしさが出た試合でした。

第5試合
小川翔VS潘隆成
久し振りにREBELS参戦の小川選手とREBELSのエース候補潘選手の試合は、攻め手を作りながら前に出て行く小川選手と迎え撃つ形の潘選手。
3R右肘を当ててからパンチで追い込む小川選手に潘選手のカウンターの右ストレートが決まり小川選手ダウン。
このダウンがなければ小川選手の勝利目前でした。
潘選手は本当にヒヤヒヤする勝利が多いなぁ。

第4試合
雅也VS浦林幹
開始直後に雅也選手の右ストレートで浦林選手ダウン。
その後追撃で2度ダウンを喫して雅也選手の1RTKO勝ち。
ベテランの老獪さ出せず…。

第3試合
小磯哲史VS大谷翔司
小磯選手の動きがぎこちなく膝の負傷?
ふらつく場面がありながらも変則的に果敢に攻めていく小磯選手でしたか、大谷選手がカウンターの右ストレート一閃!
大谷選手の見事なKO勝利

第2試合
立嶋挑己VSJIRO
JIRO選手の体重オーバーで試合は立嶋選手の失格勝ちが決定しているものの試合は行われ、JIRO選手が左ミドルを主軸に主導権を握り3Rにはパンチでダウン寸前に追い込む。
判定は減点を引いても3-0でJIRO選手の判定勝利も公式記録は立嶋選手の失格勝ち。
レフリーが手を挙げようするも拒む立嶋選手。
しかし、レフェリーの力に負けて手を挙げられる…。

第1試合
佐藤仁志VS蓮沼拓矢
佐藤選手の思い切りの良いパンチを当てさせずにステップワークからのパンチ攻撃なども交えて蓮沼選手が判定で完勝。

オープニング第2試合
村主直也VS三浦翔
三浦選手はアマチュア大会で柔らかい動きから鋭い攻撃で勝つのを見てプロ入りから注目している選手。
1Rと3Rに柔らかい動きからの攻撃を当てて三浦選手が判定勝利。

オープニング開始時間を間違えてしまいオープニング第1試合には間に合わず…。

この日のREBELSは観客動員も良かったし、定期的に出場している選手が多い興行で、選手達がREBELSを盛り上げようと奮闘している感が伝わる良い興行でした。

それにしても梅野選手の縦肘は見事!

| キックボクシング | 01:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今日はREBELS.53

IMG_5950.jpg
今日は昼間は丸の内へ行ってスポーツビジネスのセミナーを聞きに行ってから、水道橋へ移動してREBELS観戦。

ちなみにエクセルシオールカフェの生キャラメルラテ、結構美味しい。

メインの梅野VSインディートーン楽しみ。
そしてセミのスアレックVS鈴木真治、これもかなり良い!
良太郎VSサンタナも熱くなる好試合になること間違いなし。



今日はジムは松崎&中田が指導に入ってます。
よろしくお願い致します!

| キックボクシング | 17:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
11・23NICE MIDDLEに出場した渡邉の結果です!

image1.jpeg
11月23日(木祝)NICE MIDDLEに出場した渡邉晴義の結果です!
40過ぎで格闘技を始めて現在50歳。

様々な大会を経験し、現在はこのNICE MIDDLEを主戦場としてチャンピオンを目指して頑張っているファイターです。

1R、サウスポーの対戦相手に距離を掴みきれず、ガードをしているもののロープ際でパンチを受けてしまい少し印象が悪い場面もありましたが、R終了間際に右ストレートをクリーンヒットさせて大きなダメージを与えます。



2R、徐々に距離を詰めてパンチと組み膝を当てていき、中盤以降は組んでの膝を何度も当てて圧倒しました。


対戦相手がかなり我慢強くダウンは奪えなかったものの2R目を完全に支配して判定勝利!
これでNICE MIDDLE4連勝!



タイトルマッチが見えてきましたっ!

応援に来てくださった皆さん、練習に付き合ってくれた皆さん、応援してくださった皆さんありがとうございました。



ストラッグルのアマチュア選手達の次は26日(日)のJ-NETWORKアマチュア全日本大会に5名出場予定です。
1名は残念ながら欠場。

プロ、アマチュアと皆で頑張っていきましょう!

| キックボクシング | 15:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |