SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

鈴木秀明のSTRUGGLE blog 〜ムエタイ&キックボクシング

東京都墨田区 押上にムエタイ&キックボクシングジム ストラッグルを2006年5月15日にオープンしました。

キックボクシングを基本から楽しく学べます。
体力に自信のない方や女性、中高年の方も大歓迎です。

・キックボクシング初心者クラス 水曜20:00〜21:00
・テクニッククラス 木曜20:15〜20:45
・筋トレクラス 不定期開催

キックボクシング初回1,000円体験も随時受付中です。

最寄り駅は 押上駅、錦糸町駅、とうきょうスカイツリー駅。
見学はお気軽にどうぞ!お待ちしています。

STRUGGLE 代表 鈴木秀明

◇ ホームページ https://www.struggle06.com ◇

9・29 ムエタイオープン46に松崎が出場しますっ!

JUGEMテーマ:スポーツ

 

9月29日(日)Muay Thai Open 46(新宿FACE)に中年の星、松崎公則が出場しますっ!

対戦相手はバンサパン・センチャイジム選手。

久し振りのタイ人選手との対戦となり、松崎はテンションが上がってます。
※見た感じはあまり変わらないですが、上がってます。多分…。

応援に来てくださる方が多いとより喜ぶと思いますっ!
※これは絶対。

皆様の応援をお願い致します!
チケットはジムにて絶賛販売中ですっ!

写真は私服の松崎公則氏。
なんてオシャレなんでしょうと驚くワタクシ。

| キックボクシング | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
老沼隆斗10・4 KNOCK OUT×REBELS欠場のお知らせ

JUGEMテーマ:スポーツ

 

10月4日(金)KNOCK OUT×REBELSで仲山大雅選手と対戦予定だった老沼隆斗ですが、9月1日(日)新日本キックボクシング協会主催興行TITANS NEOSにて泰史選手にKO負けをしてしまい、45日のダメージサスペンドにより大変申し訳ありませんが欠場となりました。

本人は戦いたい気持ちが強く、試合をさせたい気持ちはありますが、選手の身体を守るしっかりとしたルールが存在しております。

今回欠場となり、KNOCK OUT関係者の皆さん、対戦予定だった仲山大雅選手、代わって出場してくださる石川直樹選手、この試合を楽しみにしてくださった皆さん、誠に申し訳ございません。

幸い老沼はダメージは少なく、練習を再開しております。

次戦が、新しいストーリーを作りだす、選手としての新たなスタートとなります。
これからの老沼の活躍を期待してください。

| キックボクシング | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
9・1 新日本キックボクシング協会TITANS NEOS 26に出場した老沼の結果です

JUGEMテーマ:スポーツ

 

9月1日(日)新日本キックボクシング協会主催のTITANS NEOS 26に出場した老沼隆斗の結果です。

対戦相手は前新日本キックボクシング協会チャンピオンで松崎に肘でTKO勝利もしている泰史選手。
相手のホームでの試合ですが、この強敵にここでしっかりと勝利して、フライ級トップ戦線へ乗り込みたい老沼。



1Rから速いパンチとミドルキックを当てていき、ヒット数で確実に試合を優位にしていきますが、後半狙いを定めた思い切りの良い泰史選手の攻撃に圧される場面も。



2R、さらに攻撃を増していく老沼。

パンチとミドルキックのヒットに加えバックキックを顔面に当てて一気に畳み込みをかける老沼。



しかし、泰史選手ももらいながらも退かずにステップとともにパンチを打ち込んでくる。

老沼のカウンターパンチと泰史選手のパンチが交差して、振りの大きかった老沼のパンチに逆のカウンターとなり、腰が少し落ちる老沼。
そこを泰史選手は逃さず一気に攻めて膝蹴りからの猛攻で老沼が倒される。

立ち上がるもダメージがあり、立ち向かいパンチを打ち合うも倒されてしまい 2度目のダウン。



ダメージはあるものの、老沼は諦めず攻撃を返していく。
残り時間僅かのところで強引につめてきた泰史選手の肘打ちで3度目のダウン。

結果は2RTKOで敗れてしまいました。



悔しい。

前半、上手く試合を進めてダメージも与えていただけにやりきれない気持ちもあると思います。
でも、この敗戦は老沼がこれから格闘技の世界で本当に認められる選手になるための糧になる試合になると思います。

勝たせてやりたかった。
10月のKNOCK OUTの出場も楽しみにしてました。

でも、現実は悔しいTKOでの敗戦。



これからこの悔しさを糧に本物のファイターになっていく老沼が自分は楽しみです!


応援に来てくださった皆さん、応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

| キックボクシング | 06:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
明日9月1日(日)は老沼隆斗が新日本キックボクシングTITANS NEOS 26(後楽園ホール)に出場します!

JUGEMテーマ:スポーツ

 

明日9月1日(日)の新日本キックボクシング連盟主催のTITANS NEOS 26(後楽園ホール)に老沼隆斗が出場します!
対戦相手は前新日本キックボクシング連盟のチャンピオンの泰史選手。
以前、松崎が肘によるTKOで敗戦している、勢いのある身体の強い選手です。

老沼は本日の伊原道場で行われた計量もしっかりと調整し突破!

▲ストラッグル所属 老沼隆斗


今回の試合からストラッグルの選手用ガウンに新しいのも加わりましたっ!
超有名演歌歌手の衣装や海外の超有名なコレクションにも作成した衣装が使われている方が作ってくださいましたっ。
明日の試合で老沼が着てリングに上がります。
楽しみにして下さいっ。

 

 

10月4日(金)にはKNOCK OUTで強敵仲山大雅選手との対戦も決まっているREBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級チャンピオン老沼。

 

泰史選手は強く、厳しい戦いとなると思います。
皆さん応援よろしくお願い致します!

ジムは12時〜15時の短縮練習となります。
申し訳ございませんがお間違えのないようよろしくお願い致します。

| キックボクシング | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
続 カーフキック、こんな相手には特に有効!

JUGEMテーマ:スポーツ

 

8月2日(金)フィリピン、マニラで行われたONE Championshipでもエドアルド・フォラヤン選手がエディ・アルバレス選手に見事にカーフキックを決めてダメージを与え、そのまま座りこませてましたね。

▲東京都墨田区のキックボクシングジム ストラッグル

 

結果的にはそのままフィニッシュを狙ってパウンドを打ち込もうとした時に寝技になり、ひっくり返されてしまいバックチョークで逆転負けを喫してしまうのですが…。



ゴング格闘技さんで解説したものや以前ブログで書いたように、相手との立ち位置を意識して一直線に蹴り込むという蹴り方が基本になると思うのですが、フォラヤン選手はそんなに動かず基本待ちの姿勢からタイミング良く蹴ってました。

それは、アルバレス選手のスタイルに合わせたから。



アルバレス選手はタックルも上手く使い、パンチも相手の攻撃に合わせて打つのを狙っていることが多いため、ステップを使いながら基本的に足の甲は内側を向いています。

パンチも力が入りやすいし、タックルも最短で相手の身体にアタックできます。


通常のローキックだと蹴りの軌道の内側に足を入れるとローキックはインパクトがズレて、パンチが合わせやすいです。

▲東京都墨田区のキックボクシングジム ストラッグル


だからこそMMAやパンチのダメージインパクトの強いK-1やRISEルールだとこの形は有効なんですっ!



でもそこで、カーフキックが有効になります!

距離的に通常のローキックよりも少し遠いので、パンチに入ろうとする時にカーフキックを蹴ると相手のバランスを崩すことができます。
ステップのタイミングには合わせやすい。

アルバレス選手は足が内側に向いているので足の裏のカーフ(ふくらはぎ)を蹴りやすい。

▲東京都墨田区のキックボクシングジム ストラッグル

 

フォラヤン選手は少し低い姿勢から、蹴り足の起動を少し外から回してキレイにカーフ目掛けて蹴ってましたね。


 

こうして相手の研究をしてテクニックを当てはめていくことで、ほぼ何でもありのMMAは進化した攻防が生まれてくるんでしょうね!



あっちなみに、カーフキックを貰わないようにするためにはしっかりとしたスネブロックが大切です。

▲東京都墨田区のキックボクシングジム ストラッグル


バランスが悪いと逆に足ごと持っていかれてしまいます。
なので、基本のしっかりとしたスネブロックはマストです!



さぁ、頭を使って、身体を使って、楽しく練習しましょう!

| キックボクシング | 00:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
8・18 KNOCK OUTに出場したぱんちゃん璃奈の結果です!

8月18日(日)KNOCK OUT K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER(大田区総合体育館)に出場したぱんちゃん璃奈の結果です!



大きな会場で大きな注目を集めての4戦目。

対戦相手はタイトルマッチ経験もあり、強豪選手達との対戦経験もあり、経験値と技術で上回る2児の母であり、キックボクシングジムを2つ経営するムエタイママ 祥子選手。

子供の頃の格闘技経験も無く、今年デビューしたばかりの4戦目の選手としては厳しい相手ではあります。
しかし、ぱんちゃんは努力で確実にその差を縮めてきました。

そして、続けてきたフィジカルトレーニングも効果が出て、身体の使い方も良くなりパワーアップ。

上を目指すためには勝たなければならないっ!


試合前のアップでは気負い過ぎてしまっていたこともあると思いますが、ちょっと動きが硬く重い。
試合までに何とかリズムを作り直して挑みましたが、始まってみたらやはり重い…。



前に行き過ぎてしまい何度か相手の頭とぶつかって今回も鼻血が出てしまい、おでこは少し腫れてしまう…。



全体的な試合の流れとしてはパンチを当てる→パンチを被弾→前に行って組んでしまう→組み膝蹴り、ブレイク。

祥子選手は気持ちが強く、効いたであろう攻撃にも全く怯まず。

何度か前蹴りやパンチなどを当てる場面も作りましたが、その後に組み膝となる展開。



結果的にその組み膝を何度も決めてダメージを与え、優勢にしたことで判定勝利。


見せたかった技、やりたかった攻め方、作ってきた攻撃パターンが出来なかった。
上手く動けなかった悔しさでぱんちゃんは試合後は泣いていましたが、今回の勝利は大きい。

出来なかったのは祥子選手の距離の使い方と攻撃のタイミングの上手さとぱんちゃん自身のコンディション。
次はもっと上手くなって、強くなって、減量からのリカバリーを含めて、もっと輝けるようにすれば良い。

今回の勝利は確実に目標に進める勝利だと思う。

期待が大きいと嬉しいと思う。
だけど、その分プレッシャーも大きい。

今回の勝利の嬉しさ、上手く動けなかった悔しさ。
それらの経験がさらにぱんちゃんを強くすると思います!




明日の8月19日(月)TOKYO MX1で20:00〜20:40 生放送のTOKYO LOVE SPORTSで今回の試合の密着撮影が放送されます!
ぱんちゃんも生出演予定。
アプリのエムキャスでも観れますので東京近郊以外の方もチェックして下さいっ。



ぱんちゃん璃奈は10月4日(金)KNOCK OUT(後楽園ホール)に出場しますっ!

応援に来てくださった皆さん、応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

| キックボクシング | 00:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
明日18日(日)のKNOCK OUTにぱんちゃん璃奈が出場します!

JUGEMテーマ:スポーツ

 

明日8月18日(日)に開催される新生KNOCK OUT旗揚げ戦、K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER(大田区総合体育館)にぱんちゃん璃奈が出場します!

対戦相手は2児の母でキックボクシングジムの経営もされている祥子選手。
タイトルマッチ経験もあるテクニックの高い選手です。

戦績が上の祥子選手ですが、現在3戦3勝のぱんちゃんもかなり成長してきて強くなってきています。

本日行われた計量も無事に突破しました。

ストラッグル所属 ぱんちゃん璃奈(右)


明日は楽しんで闘う姿を見せてくれっ!


みなさん応援をよろしくお願い致します。

ストラッグル所属 ぱんちゃん璃奈

 

 

ジムは試合開始時間が14:00と早いのと会場まで距離があるため、お休みさせていただきます。
よろしくお願い致します。

| キックボクシング | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
8・10 REBELS.62観戦

JUGEMテーマ:スポーツ

 

ジムを途中で抜けさせていただき後楽園ホールへ8月10日(土)REBELS.62を観戦に行ってきました。
写真はパンフレット購入者のサイン会に出席するぱんちゃん璃奈と、今回はパンフレットに載っていないのでサイン会には入らないものの、一緒に並んでファンサービスする老沼隆斗。



メインイベントはREBELSのチャンピオン鈴木選手がWBCムエタイ日本チャンピオン琢磨選手を迎え撃っての試合。
鈴木宙樹VS琢磨
1R、KO率の高い鈴木選手の強いストレートが琢磨選手を捉え、そしてボデブローも確実に効かせ、右フックでダウンを奪う。
ボディにダメージの残る琢磨選手に飛び膝、そしてパンチと連続で決めたところでレフェリーが間に入り、鈴木選手が王者同士の対抗戦を1RKOで完勝!

鈴木選手のパンチの攻撃力は素晴らしいっ!


スアレック・ルークカムイVS翔・センチャイジム
1Rからプレッシャーをかけていくスアレック選手にタイミングを見計らって肘を合わせようとしていく翔選手。
2Rにダウンを奪ったスアレック選手が、3Rは肘を警戒しながら距離をとったり組んだりしてはぐらかせて判定勝利。

スアレック選手の攻撃をもらいながらも確実に肘を狙っていく翔選手でしたが、スアレック選手はズルく上手かった。


栗秋祥悟VS JOE・TEPPENGYM
1R、栗秋選手が左のレバーブローからのパンチラッシュでスタンディングダウンを奪う。
再開後も強いレバーブローを当てて、再度ダウンを奪う。
立ち上がるもダメージがあるJOE選手。

R終了のゴングで救われる。

2R、ダメージはあるものの逆転を狙うJOE選手でしたが、栗秋選手はその勢いのままレバーブローを再度決めて倒してKO勝利!

この日の栗秋選手は強かったっ!


遠藤駿平VS古谷野一樹
左ミドルキックを中心にストレートや飛び膝蹴りなどを当てていった遠藤選手が判定勝利。

古谷野選手のパンチラッシュはここ最近爆発できてないですね。
遠藤選手の速いミドルキックは良い。

 


今回は前半戦で早いRのKOが多く、着いたら思ったよりも進んでいてビックリ。

前半戦ほとんど観れなかったのですが、個人的なMVPは王者同士の対抗戦を当たり前のように完勝した鈴木宙樹選手。
ベストバウトは栗秋VS JOE。



来週の日曜は新生KNOCK OUT旗揚げ戦!
選手達、スタッフ達がこの日のために頑張ってきました。
さぁ、どうなる?

ぱんちゃん璃奈も今回の試合に向けて頑張りました。
応援よろしくお願い致します。

| キックボクシング | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
7・28 ムエタイオープン観戦
image2.jpeg
ジムを少し早くに抜けさせていただき7月28日(日)ムエタイオープン(新宿FACE)を観戦してきました。

間に合った試合の簡単な感想です。

メインイベント
壱・センチャイジムVSミンクワン・チュンクゥェージム
壱選手の蹴りのスピードとパンチの当て方が上手い。
ミンクワン選手も結構強かったが壱選手がスピードとテクニックで勝利。

壱選手は8月18日のKNOC KOUTにも出場しますので要注目。
ルックスも良いし、これから人気が出そう。


ムエタイオープンフェザー級タイトルマッチ
チャンピオン NOWAY VS千羽裕樹
サウスポーのチャンピオンNOWAY選手が左ローキック、左ストレートを上手く当てて、千羽選手のパンチを上手く外す。
縦肘で千羽選手をカットもして完勝し、ベルト防衛に成功。

後半追い上げた千羽選手でしたが、前半を確実にNOWAY選手にやられてしまっていたのが痛い。


ムエタイオープンウェルター級王座決定戦
馬木愛里VSセーンケン・ポンムエタイジム
在日タイ人選手っぽいセーンケン選手の応援団が多い。
良いトレーナーなんでしょうね。
長身の馬木選手の前蹴りが素晴らしく、何発もキレイに当てて主導権を握る。
セーンケン選手が強引にミドルキックを蹴ったあとなんか足に違和感があるような着地をし、そこをすかさず馬木選手が蹴りにいき、そのまま倒れたセーンケン選手は立ち上がれず…。
足のどこかを痛めてしまったようで担架で運ばれるセーンケン選手。

馬木選手のスピードと攻撃力がセーンケン選手を焦らせての自爆か!?


下東悠馬VS亜努
体重オーバーをして失格負けの亜努選手でしたが、双方合意で試合は行われました。
仕方のないことですが、ともにあまり気力を感じない展開に…。
結果の反映されない試合は下東選手判定勝ち。


バンサパン・センチャイジムVS MASAKING
勢いのあるMASAKING選手でしたがバンサパン選手も老獪に上手く引き分け。


白幡裕星VSペットウボン・チュンクゥェージム
アグレッシブに攻めたてて白幡選手が判定勝利。


高木覚清VS斎藤敬真
高木選手が豪快に右パンチで3度倒して1R TKO勝利!


稔之晟VS森岡悠樹
稔之晟選手が僅差ながら判定勝ち。


ムエタイオープン女子ピン級王座決定戦
上原真奈VS MIREY
女子では珍しい両者全く退かないガード無しの打ち合いを繰り広げて驚いた。
肘でカットに成功した上原選手が判定勝利。


休憩時間には8月18日(日)KNOCK OUT出場選手5名がリング上で挨拶しました。
ぱんちゃん璃奈も参加させていただきました。

個人的なMVPはタイ人選手相手にパンチテクニックとスピードで勝利した壱・センチャイジム選手。

ベストバウトは女子のムエタイオープンタイトルマッチ、上原真奈VS MIREY。
| キックボクシング | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Dropkickチャンネルで 7・21 RISEワールドシリーズについて話してます

JUGEMテーマ:スポーツ

 

プロレスや格闘技のインターネットマガジン、Dropkickチャンネルさんで7月21日(日)に行われたRISEワールドシリーズの58kgと61kgのトーナメントについて話しています。

 

那須川天心の胴回し回転蹴りは「掛け逃げ」なのか?■鈴木秀明 (有料記事です)

 

 

 

凄い選手が集まってレベルの高い攻防で会場は超満員と素晴らしい大会になりましたねー。

 

那須川天心選手の左足はミギー(寄生獣)なのかっ!?
左だけど(笑)

梅野選手の勝ちを引き寄せる方法。

志朗選手の勝つ為の方法。

ルンキット 、セクサンはなぜ本領発揮と行かないのか?
などなど。

結構面白い内容となっていると思いますので、是非読んでみてくださいっ!

| キックボクシング | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |