SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

鈴木秀明のSTRUGGLE blog 〜ムエタイ&キックボクシング

東京都墨田区 押上にムエタイ&キックボクシングジム ストラッグルを2006年5月15日にオープンしました。
☆ホームページ https://www.struggle06.com

キックボクシングを基本から楽しく学べます。
体力に自信のない方や女性、中高年の方も大歓迎です。

水曜20:00〜21:00はキックボクシング初心者クラス
木曜20:15〜20:45はテクニッククラス を開催!
キックボクシング初回1,000円体験も随時受付中です。

最寄り駅は 押上駅、錦糸町駅、とうきょうスカイツリー駅。
見学はお気軽にどうぞ!お待ちしています。

STRUGGLE 代表 鈴木秀明

セクサンの練習を見てきました

IMG_3089.jpg
7月21日(日)RISE WORLD SERIES 2019 −61キロトーナメント準決勝戦で白鳥大珠選手と対戦するセクサン・オークワンムアン選手の練習するジムへ行ってきました。

最初は志朗選手と対戦するルンキット ・ウォーサンプラパイ選手のバンコクでの調整に来ているというジムへ行ったのですが、まだバンコクには来てなくそのまま移動。

オークワンムアンとソーソムマーイという2つのジムが一緒にやっている形で、オーナーも別々なのかとか詳しいことは自分は分かりませんが、セクサンやペットウートーン、ペットソンマーイという強豪選手やアタチャイジムから移籍したラジャダムナンチャンピオンのチャラワン、梅野選手とも闘ったサックモンコンもここの所属。

RISEの試合を控えたセクサンの豪快なパンチ、ペットウートーンの相手を翻弄するテクニックなど見応えがありました。

21日(日)のRISEは那須川天心VSスアキム、志朗VSルンキット、梅野源治VSチャンヒョン・リーに加え、セクサンVS白鳥が俄然楽しみになりました。

| キックボクシング | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ジットムアンノンジムへ行って来ました

IMG_3047.jpg
今日はジットムアンノンジムへ行ってきました。

8月にONEチャンピオンシップでタイトルマッチを行うロッタン・ジットムアンノン選手はこの日、休みで残念でしたが、3年連続MVPを獲得したスター選手パンパヤック・ジットムアンノン選手のミット打ちが見れました。

昨年来たときは試合が決まってなく、そんなに練習していなかったですが、今月試合が決まっていたので熱のある練習をしっかりやっていました。

MVPの時のトレーナーの兄、コムパヤック(日本のウィラサクレックジムでトレーナーをしていて日本での試合も多く、ストラッグルの梅原ユウジとも対戦)が復帰して練習が充実してきているようです。



ジットムアンノンはパンパヤック、ロッタン、そしてヌンラーンレック、キャオパヤック、現在最強の外国人選手のラフィー・シンパトンと今月対戦するヨードパノムルン・ジットムアンノンなどなど強豪揃い。

ロッタン選手は不在でしたが、良い練習が見れました。

練習後はコムパヤックさんのインタビュー。
日本でのトレーナーを経てタイでトレーナーとして活躍するってなんか嬉しいですね。
日本での経験が役に立ってるんでしょうね。

ソムデートさんもそうでしたが、日本でムエタイに関わる人間としてなんか嬉しいです。

| キックボクシング | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
サックモンコンに会った!

IMG_3001.jpg
昨日はパタヤへ弾丸で行ってきて、スタンプ・フェアテックス選手の取材同行とソムデート・M16さんに会いに行ってきましたが、その時、嬉しいことがありました。

約20年前にタイの王宮前広場のソンチャイプロモーターの国王生誕興行に一緒に出場したことのあるムエタイレジェンド、サックモンコン・シッチューチョークさんとパタヤのフェアテックスジムで偶然お会いしました。


ジムで水を配ったり、ミットの流れをサポートしてたり、自らもミットを持ったりと色々と忙しそうにしていたので、落ち着いた練習終わりに話しかけて一緒に写真を撮っていただきました。


その時、少し話したら「オォーッ、スズキ、覚えてるよ」って言っていただきお話ししました。

嬉しかった。


サックモンコンさんとフェアテックスジム所属のジョンサナン・フェアテックスの凄い試合は何度見たことか。

凄い試合です!

 

| キックボクシング | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
バーンランバーに行ってきた!

IMG_3006.jpg
タイ・パタヤのバーンランバー(訳すとランバーの家)に行って来ました!

凄まじいスピードから繰り出される強烈な攻撃と闘いながらお客さんを楽しませるパフォーマンスで人気を博し、日本のチャンピオン達を倒しまくったソムデート・M16(ニックネームはランバー)。

日本に住んでムエタイを教え、そして総合格闘技の修斗で世界チャンピオンにもなったスーパー凄いムエタイ選手。

現在は数年前にタイに戻り、パタヤにジムを作って子供達を中心にムエタイを教えています。

ストラッグルにも選手達を連れて合同練習で来てくれたこともありますし、最近ではこのパタヤのジムでぱんちゃん璃奈も少しだけですが練習させていただきました。

ソムデートの人間味溢れる雰囲気のジムで、子供達が練習したり、走り回ったりしている中、久し振りに色々と話せて嬉しかったし、楽しかったです。

バスターミナルまでジムの方に送っていただき、これからバンコクに戻ります。

| キックボクシング | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
パタヤでスタンプ・フェアテックスの練習見学
IMG_2989.jpg
昨日の夜、飛行機に乗って現在タイにいます!

バンコクからパタヤへ移動してONEチャンピオンシップのムエタイとキックボクシングの2ルールチャンピオン、スタンプ・フェアテックスの練習見学。

ステップや身体の使い方が試合の時に見せるリズム感あふれる動きに繋がってるなぁ。

自分は不在ですが、ジムは通常通りやってます。
プロ選手達がしっかりと留守を守って指導してくれます。
自分がいないので静かかも(笑)

| キックボクシング | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
7・7 NICE MIDDLE 44に出場したストラッグル3名の結果です!

JUGEMテーマ:スポーツ

 

7月7(日)NICE MIDDLE 44(新宿FACE)に出場した3名の結果です!

今回は第1試合、第8試合、そして最後の17試合と最初から最後という長丁場。
出場した3名は練習もしっかりとできて良い感じで試合を迎えられました。

 


第1試合は初試合出場となる錦糸町の吠える呑んだくれ、巨漢のヒグマ社長。
試合初出場となりますが、かなり減量して、かなりの練習を行い、しっかりと挑みました。

対戦相手は新日本キックボクシング協会の名門ジム伊原道場の選手。

セコンドには江幡塁選手がついていました。
開始早々に右の強烈なフックをもらう。
この相手選手は強い!ヤバイなぁと自分は思いました。

しかーし、ヒグマ社長は逆に眼が輝き自分も強いパンチを打っていきます。

相手のローキックも強い。
しかし、全然怯まずガンガン攻め返すヒグマ社長。

2R、ヒグマ社長はパンチとローキックに加え、組み膝蹴りも出しドンドン攻めていきます。
そして横を向いた相手に裏拳みたいに軽く当てる。

残念ながらNICE MIDDLEではバックブローは反則なので、裏拳も微妙だけどダメなので注意を受ける。
その後も徐々に疲れてくる相手選手を押し込んで攻めていき、さらに勢い余って裏拳!?
当たりは軽く再注意…。

その後も最後まで攻めまくり、相手選手を押し込みまくり終了のゴング。

ダウン寸前まで攻めまくりましたが、裏拳の印象が悪かったのか、判定は1−0で引き分け。

でも、初試合を思いっきり楽しんで闘ってました!


続いては第8試合、千葉のリトルトルネード 真冴鷹氏。

対戦相手は高齢ながらNICE MIDDLEで前回は引き分けで真冴鷹氏も前回は引き分けだったので共に初勝利が欲しい。

開始から得意な蹴り技にパンチを加え前に出て攻めて、やや大振りながらパンチが何度かヒット。
さらに蹴り技をミドルキック、前蹴り、ローキックそして組み膝蹴りと当てていき攻勢に出ます。
しかし、相手選手もしっかりと立ち向かい組み膝で攻めてきます。

2R、さらに攻撃の回転を上げて空手技のかけ蹴り、バックキックなどを交えて後半には回転胴廻し蹴りの大技も繰り出し、最後はローキックで相手のバランスを崩してハッキリとした差をつけて3−0で判定勝利!

前回は攻め切れず悔しい引き分けでしたが、今回はしっかりと攻めて見事に判定勝利!
まず勝利を掴んで、これから対戦相手も強くなっていくと思いますので、勝って兜の緒を締めて次ですね。


そして最終第17試合、前回のNICE MIDDLEでは三者三様の1−1のドローで僅かにチャンピオンベルトに届かなかった有楽町のメディアプランナー、ハルさん。
今回は挑戦者決定戦。
対戦相手はNICE MIDDLEで名チャンピオン達を輩出しているPhoenixの勢いのある相手です。
お互い大事な試合。

1R、ハルさんは速いパンチ、そして飛び込みの膝蹴り、そこからの組み膝などをヒットさせて主導権を掴みかけますが、相手は試合経験が多く対応が上手い。
距離を少し下がったり、攻撃の間を上手くついたりしながら反撃します。

焦ったハルさんは無理に追ってバランスが崩れ、体勢が悪い場面もあり、攻撃のヒットでは確実に勝るも悪印象。

2R、1Rにヒットさせていた膝蹴りを何度か当てて、中盤にはミドルキックを中心にパンチやカーフキックなども織り交ぜ、相手の反撃をもらう場面ありましたが、確実に膝蹴りでダメージを与え、当て数も増やして試合終了。

ダメージとヒット数で勝ちは揺るがないと思いながらも、相手の打たれ強さと顔に出さない感じでジャッジの評価が心配でしたが、判定は20−20、20−18、20−19の2−0で判定勝利!

苦しみながらも、ライト級チャンピオンへの挑戦権獲得です!
前回の悔しさを晴らすべく、次へ向けてまた頑張りましょう!



今回は3名とも、頑張って良い試合をしました。
ヒグマ社長なんかは引き分けだけど最高に良かった!
真冴鷹氏も得意の回転蹴りをちゃんと出して持ち味を発揮して完勝!
ハルさんは本当に勝つんだっていう努力をしていてそれがサポートしていて気持ちが良く、勝った時に一緒に喜べる!


また、一緒に楽しみながら、苦しみながら頑張りましょう!



応援にきて下さった皆さん、応援してくださった皆さん、サポートしてくれた会員さん達やプロ選手達、ありがとうございました!

| キックボクシング | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今日のNICE MIDDLEに3名出場します!
IMG_1141.jpg
今日7月7日(日)のNICE MIDDLE(新宿FACE)にストラッグルから3名が出場します。

初出場のヒグマ社長。
NICE MIDDLE2戦目となる真冴鷹氏。
ライト級王座挑戦も1−1のドローで戴冠ならず、今回は挑戦者決定戦に出場するハルさん。

3名とも試合に向けてしっかりと練習を積んできました!

明日は皆で笑えるように頑張りましょう!

ジムは松崎、老沼が指導に入ります。
よろしくお願い致します。

写真は本題と関係ないのですが、アド街ック天国で特集されていた南房総で撮った猫写真。
| キックボクシング | 01:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
有楽町でぱんちゃん発見!

JUGEMテーマ:スポーツ

 

パスポート更新で有楽町へ。

帰りかなり目立つところでKNOCK OUTの看板を発見!
ぱんちゃん璃奈、目立ってます。

| キックボクシング | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
6・30 K-1観戦

JUGEMテーマ:スポーツ

 

ジム終了後に両国国技館へK-1 WORLD GP 2019 JAPANを観に行きました。

 

ちょうど着いたら休憩時間でした。
観戦できたのはスーパーバンタム級トーナメントの準決勝から。



K-1スーパーバンタム級トーナメント準決勝
玖村将史VSサンベル・ババヤン
1R、身長の低いババヤン選手に玖村弟選手がボディを効かせて跳び膝蹴りでダウンを奪い、その後もババヤン選手に上手く攻撃を当てて完勝し、決勝進出。

玖村選手が冷静に圧倒してましたね。


K-1スーパーバンタム級トーナメント準決勝
武居由樹VS玖村修平
武居選手の飛び込むスピードとパンチのハンドスピードが桁違い。
対する玖村兄選手は前試合で顔が腫れててダメージはあったと思いますが、武居選手が1Rにパンチでダウンを奪い、その後にすぐもう一度倒してKO勝利し、決勝へ。

その後の決勝も武居選手が優勝すると会場全体に知らしめるような内容でした。



K-1スーパーバンタム級トーナメント決勝戦
武井由樹VS玖村将史
1R、飛び込みの右アッパーからの左ストレートを決めて武居選手がダウンを奪う。
その後、武居選手のパンチと交差した玖村弟選手がバランスを崩し倒れかける瞬間に追撃していた武居選手の蹴りが顔に直撃し、玖村弟選手はそのままリングに弾むように倒れ、レフェリーは直ぐに試合を止め武居選手が完璧な内容でトーナメント優勝。


いやぁ、武居選手凄すぎる。

現在のK-1で闘う同階級の選手の中でも完全に突出してますね。
難しいだろうけどRISEチャンピオンの鈴木真彦選手との試合が見てみたい。


K-1スーパーライト級タイトルマッチ
王者 ゲーオ・ウィラサクレックVS挑戦者 安保瑠輝也
安保選手は左右構えを変えるなどして攻めようとするも、ゲーオ選手は距離を支配して所々でパンチをヒットさせるなどして試合をコントロール。

本戦はゲーオ選手かと思いましたが、ゲーオ選手の1-0で引き分け延長。
延長は有効打ではゲーオ選手、攻勢は安保選手。
ゲーオ選手は組みつきで減点1。
延長判定は減点もあり10-8で安保選手が勝利し、新チャンピオンに。
しかし、会場は拍手もまばらで少し寂しい感じ。

うーん。
難しい試合ですね。
かなり試合しているゲーオ選手でさえ延長で組んでしまうというK-1ルールの難しさが出てしまいましたね。


村越優汰VSフォー・シャオロン
接戦で苦しむ展開でしたが、3R村越選手が何度かアタックしてヒット数を稼ぎ判定勝ち。
もう少し村越選手の攻撃のバリエーションが見たかったかなぁ。


木村フィリップミノルVSクルーズ・ブリックス
クルーズ選手のダッキングを予測した右ストレートをクリーンヒットさせて木村選手がワンパンKO!
木村選手のパンチの重さというか威力が半端ない。


佐々木大蔵VS不可思
アグレッシブに攻めていく不可思選手とやや後手に回る佐々木選手の1R。
2R、不可思選手の攻撃の出鼻にジャブを当てて距離を支配し、攻撃を当てていく佐々木選手。
3R、さらにアグレッシブに攻めていく不可思選手に対してカウンターの右クロスを何度も打つ佐々木選手。
佐々木選手のバックブローの前腕付近がヒット、さらにその後頭が当たる。
不可思選手の目尻がカットし、ドクターチェック後に再開。
不可思選手の必死の攻めに会場は盛り上がるも出血は止まらず、ドクターストップで佐々木選手が3R TKO勝利。

不可思選手は会場を盛り上げるも悔しいスタートとなりましたが、これからを期待される内容だったと思います。



西京春馬VSホルヘ・バレラ
西京選手がカウンターのパンチで1Rにダウンを奪い、3R最後は跳び膝で倒して3R TKO勝利。

西京選手は感覚が鋭く、驚くようなKOができる選手なのですが、攻め込むべきところで見てしまう冷静さもありそれがなんか見てて歯がゆい時もあるんですよね(笑)



久し振りにK-1を会場で観戦。
ご一緒させていただいた元週刊プロレス編集長ターザン山本さんの見方や考え方が面白く、色々ためになりました。



それにしても武居由樹選手、木村フィリップミノル選手のKOは凄かった。

個人的なMVPはもちろん武居選手。
ベストバウトはラウンド毎にストーリーのあった佐々木大蔵VS不可思。

| キックボクシング | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
カーフキックってどんなもんなの?

JUGEMテーマ:スポーツ

 

ゴング格闘技7月号の誌面にて解説させていただいたカーフキック。

そんなカーフキックをちょっと解説してみたいと思います。



バックブロー、バックキック、スーパーマンパンチ、三日月蹴り、そして最近はカーフキックが打撃技として拡がってきてますね。

カーフキック、簡単に言うとふくらはぎ周辺を狙ったローキックですね。

何パターンかあって、
1) 低めに単純にふくらはぎを狙って蹴る

東京都墨田区のキックボクシングジム ストラッグル


2) 相手のカットがあまり上手くない場合、カットしようと脚を上げた時にふくらはぎに当たるくらいの高さで蹴る

東京都墨田区のキックボクシングジム ストラッグル


3) 低めの軌道でそのまま狩るように蹴る

東京都墨田区のキックボクシングジム ストラッグル


4) 足払いのように蹴る

東京都墨田区のキックボクシングジム ストラッグル



選手に当てはめていくと、低めの軌道で蹴る1)はシュートボクシングの海人選手が上手く使ってます。


2)のカット越しに決めるのはムエタイのパコーン選手や、ストラッグルで打撃練習をしている修斗の根津優太くんもこの蹴り方が得意ですね。

3)は修斗環太平洋フェザー級チャンピオン高橋遼伍選手や引退しましたがムエタイの激闘王ポンサネー選手。

4)はタイミング的に転かし技として見ることが多く、これでKOしたという感じにはなりづらいですが、プラスダメージという感じで使ったりしてる選手もいます。
引退した大阪のKING皇兵選手がかなり前から柔道の足払いの変化的な感じで使ってました。


カーフキックの蹴り方なんですが、相手と向かい合った立ち位置と蹴る高さ、角度がポイントです。

低い軌道で蹴ると相手のパンチのカウンターをもらいやすい、カットされた時に足を痛めやすいなどリスクもありますが、上手く使うことで攻撃のバリエーションは増えます。

普段蹴られ慣れてない箇所なので痛い(笑)
ダメージが残りやすいので練習でバチバチ蹴りにくいとかありますが、使えないよりは使えた方が良い技であります!

やられたくない方は位置取りをしっかりすることと、しっかりとしたバランスの良いスネブロックが大切です。

 

ストラッグルでは新しい技もどんどん練習して身に付けられるようにしていきますよー!
上手くなってキックボクシングをより楽しみましょう!

| キックボクシング | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |